ニュース
» 2020年04月09日 15時05分 公開

森永卓郎が問う〜マスクの転売禁止は経済的に正しかったのか

政府がやるべきことは。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

「垣花正 あなたとハッピー!」(4月8日放送)に経済アナリストの森永卓郎が出演。緊急事態宣言が発令されたが、いまもって、マスクは手に入らない。政府の行ったマスクの転売禁止は正しかったのか――。森永卓郎が経済的な視点から解説する。

フォト 春節を迎え多くの外国人観光客で賑わう秋葉原で、マスクを購入する人=2020年1月25日、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

どこに行っても買えないマスク

マスクは未だに、どこに行っても買えません。そんななかで政府は、一部の人が買い占めて転売し、大儲けしているマスクの転売を3月10日に禁止しました。転売禁止が本当に正しかったのかということに、私は大きな疑問を持っています。転売を禁止しても、正確な統計がないとわからないのですが、需要全体のせいぜい1%くらいのわずかな割合です。転売を放置すると、マスクを買ってすぐに売るということですから、供給量は変わりません。

フォト 新型コロナウイルス感染者が拡大し、マスクを着用して通勤する人ら=2020年3月5日午前、大阪市北区 写真提供:産経新聞社

一時的に高値にすることの必然〜需要があれば価格は下がる

あるドラッグストアが50枚入りのマスクを3000円で売って、袋叩きに遭うという事件がありましたが、私は一時的に高値にするということをやったほうがよかったと思います。マスクが高く売れるということがわかれば、儲かるので「うちもつくろう」と思う企業が出て来ます。マスクをつくることは、それほど高い技術を必要としません。製造業の大半はできるはずなのですが、高値で売ると袋叩きに遭うのでやらないのです。しかし、自由価格設定にして、高い値段でも売っていいというルールをつくれば、企業も乗って来ます。価格は需要と供給のバランスで決まります。一時的に高くなっても、供給が増えればもとの値段に戻るのです。

フォト 【新型コロナウイルス】新型コロナウイルスの影響でマスク姿で信号待ちする人々=2020年4月1日午後、東京都新宿区 写真提供:産経新聞社

政府がやるべきは“即時償却の導入”

政府がやるべき方法は、即時償却の導入です。即時償却というのは、例えば企業がマスクの製造設備を買います。そうすると、経費にできるのは減価償却費だけです。マスクが何年償却になっているのか正確にはわかりませんが、仮に10年償却だとすると、1000万円の設備を導入しても、その年の経費になるのは100万円だけです。1000万円を導入して、回収は10年かけてするということです。マスクの需要が下がったら、その後で9年間の赤字が続きます。即時償却というのは、設備投資した額をその年の経費として落としていいというやり方です。1000万円を設備投資したら、その年のうちに1000万円もらえるから、思い切ってやれる。短期勝負に出ることができます。

フォト ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

東日本大震災の際には太陽光発電の設備に認められた即時償却

政府は東日本大震災の直後の2012年に、太陽光発電の設備に関しては、即時償却を認めました。その際、参入する企業がとてつもなく増えました。企業とはそういうものです。10年先なんて見えないから、とりあえず経費で落とせるのならばと。あのとき電力不足が叫ばれていたのですが、実は太陽光発電が日本の電力危機を救ったのです。電気が足りずに国民生活がだめになるということで決断できたのであれば、マスクがなくて国民が困っているいま、やるべきではないでしょうか。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声