ニュース
» 2020年04月16日 16時00分 公開

SOD初の配信先行単体レーベル「エモい女の子。」はファストAVのカウンターカルチャー? 狙いを聞いた

同レーベルのプロデューサー、アンチェイン雄一さんに狙いを聞きました。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 ソフト・オン・デマンド(SOD)が、同社初となる配信先行の単体レーベル「エモい女の子。」を立ち上げました。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ エモいな

 素朴であか抜けない感じの女優を起用したり、この業界では珍しいヴィンテージ感あふれる古着コーデを本格的に取り入れたりと、サムネイルからすでにレトロなテイストが前面に出ている同レーベルは、DVDなどのパッケージ販売に先行して配信で提供するスタイルを導入。同レーベルのプロデューサー、アンチェイン雄一さんに狙いを聞きました。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ アンチェイン雄一さん

 同社では、2019年ごろから配信の売上がDVDなどのパッケージに拮抗(きっこう)してきているとのこと。ただし、正確には、「パッケージが売れていないわけではなく、下がっている中で売っていくのが大変ということ」(アンチェイン雄一さん)で、売上比率でみると、配信よりもVRの方が高いそう。つまり、配信は“てこ入れ”が必要なフェーズで、今後有望な選択肢の1つにすべく、さまざまなチャレンジをする時期と考えているようです。

 「エモい女の子。」も当初から配信先行レーベルを想定していたわけではなく、DVDのいわゆる新人単体レーベルとして企画されていたとアンチェイン雄一さん。配信の世界では、“ノットリ(男女入れ替わり)”やマインドコントロール社が得意とする催眠系のように、企画畑のレーベルが芽吹いてきているものの、単体レーベルで存在感のあるものがなかったことから、企画を練り上げていく中で、配信先行でいくことにしたといいます。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ

 エモい、という方向性は、アンチェイン雄一さんが以前、当時KMHR(キミホレ)専属女優だった@yano_purple(あやのあんだーばーぱーぷる)さんの作品を手掛けた際、いわゆるエモい写真を撮ったことがあり、そのときのチームでやってみようと考えていたとのこと。

 SOD作品でも、SODstar小倉由菜さんの「小倉由菜 AV Debut」や、2019年12月にSODstarを卒業した小泉ひなたさんのキミホレデビュー作のように、意図的に4:3の画角にしたり、VHS的な走査線を加工したりとエモい感じに仕上げた作品もあり、イメージは固まっていたようです。ガス・ヴァン・サントの「マイ・プライベート・アイダホ」のような雰囲気がある古い映画が好きだというアンチェイン雄一さんの嗜好(しこう)が「エモい女の子。」にも反映されています。

 「女の子がはかなく見えるというか、美しく見えるというか。そういうよさがあって、単体デビュー作品にしっくりくるなと感じた」(アンチェイン雄一さん)

 現在、アダルトのユーザーを取り込む上で効果的なのは、FANZAのトップページに掲載されるバナー枠やランキングへの露出だと話すアンチェイン雄一さん。

 「無数の作品がラインアップされるFANZAですが、それ故に、作品にたどり着くまでに時間が掛かる。ランキング上位の作品がさらに売り上げていくような世界で、人目につかないと勝負にならない。だから認知はとても重要」

 売上だけで見れば、FANZAより大きいというFC2などもあるものの、メーカーも女優もFANZAのランキングに一喜一憂するなど、FANZAがAV業界のプラットフォーマーのような位置付けになっている中で、苦労する部分もあるようです。

 また、「配信とパッケージで同じ1本売れるならパッケージの方が粗利は高い」(アンチェイン雄一さん)という説明からも、配信はプラットフォーマーが徴収する販売手数料や、特設枠を含む広告枠などプロモーションコストの高さが利益を下げる一面もある様子。しかし、そこから目を背けるのではなく、その中でうまくやる道を模索しているようです。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ 4月16日には日向理名さんも配信デビュー
ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ


 AV監督・カンパニー松尾さんの弟子に当たり、同レーベルの撮影を担当する梁井一監督は、FANZAで2019年に異例の売上をたたき出し業界で大きな話題となったブロッコリーの作品「ボーイッシュで男友達みたいな彼女は隠れ巨乳でした!」に言及。キャップをかぶってだぼっとしたパーカーを着たあか抜けない普通の女の子のジャケット写真が印象的な同作は、北欧美女「メロディー・雛・マークス」を擁した桃太郎映像出版の作品と並び、2019年特別跳ねた作品となりました。この作品もFANZAランキングでずっと1位だったことが格好のプロモーションになっていたと分析しています。

 「何が要因だったのかは分かりませんが、あれが何かしらAV業界全体に対するカウンターとなっていた」と梁井監督。ブロッコリーが特殊なのは、監督や編集、ジャケットデザインなど、一般的には分業しそうなものを全て1人で作っていること。職人が素材を丁寧に磨き上げ、コスパ悪く仕上げた一品が売れたことがある種の気付きにつながったようです。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ

 世の中に無数に存在するAV作品を、ファストファッションになぞらえて、ファストAVだと話すアンチェイン雄一さん。SODもファストAVの隆盛に加担しているメーカーの1つであるのは紛れもない事実ですが、「エモい女の子。」はアナログ感を前面に押し出した職人気質の“ドキュメントAV”で勝負していこうと考えているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」