SOD初の配信先行単体レーベル「エモい女の子。」はファストAVのカウンターカルチャー? 狙いを聞いた

同レーベルのプロデューサー、アンチェイン雄一さんに狙いを聞きました。

» 2020年04月16日 16時00分 公開
[西尾泰三ねとらぼ]

 ソフト・オン・デマンド(SOD)が、同社初となる配信先行の単体レーベル「エモい女の子。」を立ち上げました。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ エモいな

 素朴であか抜けない感じの女優を起用したり、この業界では珍しいヴィンテージ感あふれる古着コーデを本格的に取り入れたりと、サムネイルからすでにレトロなテイストが前面に出ている同レーベルは、DVDなどのパッケージ販売に先行して配信で提供するスタイルを導入。同レーベルのプロデューサー、アンチェイン雄一さんに狙いを聞きました。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ アンチェイン雄一さん

 同社では、2019年ごろから配信の売上がDVDなどのパッケージに拮抗(きっこう)してきているとのこと。ただし、正確には、「パッケージが売れていないわけではなく、下がっている中で売っていくのが大変ということ」(アンチェイン雄一さん)で、売上比率でみると、配信よりもVRの方が高いそう。つまり、配信は“てこ入れ”が必要なフェーズで、今後有望な選択肢の1つにすべく、さまざまなチャレンジをする時期と考えているようです。

 「エモい女の子。」も当初から配信先行レーベルを想定していたわけではなく、DVDのいわゆる新人単体レーベルとして企画されていたとアンチェイン雄一さん。配信の世界では、“ノットリ(男女入れ替わり)”やマインドコントロール社が得意とする催眠系のように、企画畑のレーベルが芽吹いてきているものの、単体レーベルで存在感のあるものがなかったことから、企画を練り上げていく中で、配信先行でいくことにしたといいます。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ

 エモい、という方向性は、アンチェイン雄一さんが以前、当時KMHR(キミホレ)専属女優だった@yano_purple(あやのあんだーばーぱーぷる)さんの作品を手掛けた際、いわゆるエモい写真を撮ったことがあり、そのときのチームでやってみようと考えていたとのこと。

 SOD作品でも、SODstar小倉由菜さんの「小倉由菜 AV Debut」や、2019年12月にSODstarを卒業した小泉ひなたさんのキミホレデビュー作のように、意図的に4:3の画角にしたり、VHS的な走査線を加工したりとエモい感じに仕上げた作品もあり、イメージは固まっていたようです。ガス・ヴァン・サントの「マイ・プライベート・アイダホ」のような雰囲気がある古い映画が好きだというアンチェイン雄一さんの嗜好(しこう)が「エモい女の子。」にも反映されています。

 「女の子がはかなく見えるというか、美しく見えるというか。そういうよさがあって、単体デビュー作品にしっくりくるなと感じた」(アンチェイン雄一さん)

 現在、アダルトのユーザーを取り込む上で効果的なのは、FANZAのトップページに掲載されるバナー枠やランキングへの露出だと話すアンチェイン雄一さん。

 「無数の作品がラインアップされるFANZAですが、それ故に、作品にたどり着くまでに時間が掛かる。ランキング上位の作品がさらに売り上げていくような世界で、人目につかないと勝負にならない。だから認知はとても重要」

 売上だけで見れば、FANZAより大きいというFC2などもあるものの、メーカーも女優もFANZAのランキングに一喜一憂するなど、FANZAがAV業界のプラットフォーマーのような位置付けになっている中で、苦労する部分もあるようです。

 また、「配信とパッケージで同じ1本売れるならパッケージの方が粗利は高い」(アンチェイン雄一さん)という説明からも、配信はプラットフォーマーが徴収する販売手数料や、特設枠を含む広告枠などプロモーションコストの高さが利益を下げる一面もある様子。しかし、そこから目を背けるのではなく、その中でうまくやる道を模索しているようです。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ 4月16日には日向理名さんも配信デビュー
ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ


 AV監督・カンパニー松尾さんの弟子に当たり、同レーベルの撮影を担当する梁井一監督は、FANZAで2019年に異例の売上をたたき出し業界で大きな話題となったブロッコリーの作品「ボーイッシュで男友達みたいな彼女は隠れ巨乳でした!」に言及。キャップをかぶってだぼっとしたパーカーを着たあか抜けない普通の女の子のジャケット写真が印象的な同作は、北欧美女「メロディー・雛・マークス」を擁した桃太郎映像出版の作品と並び、2019年特別跳ねた作品となりました。この作品もFANZAランキングでずっと1位だったことが格好のプロモーションになっていたと分析しています。

 「何が要因だったのかは分かりませんが、あれが何かしらAV業界全体に対するカウンターとなっていた」と梁井監督。ブロッコリーが特殊なのは、監督や編集、ジャケットデザインなど、一般的には分業しそうなものを全て1人で作っていること。職人が素材を丁寧に磨き上げ、コスパ悪く仕上げた一品が売れたことがある種の気付きにつながったようです。

ソフト・オン・デマンド SOD エモい女の子。アンチェイン雄一 梁井一 レトロ

 世の中に無数に存在するAV作品を、ファストファッションになぞらえて、ファストAVだと話すアンチェイン雄一さん。SODもファストAVの隆盛に加担しているメーカーの1つであるのは紛れもない事実ですが、「エモい女の子。」はアナログ感を前面に押し出した職人気質の“ドキュメントAV”で勝負していこうと考えているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評