ニュース
» 2020年04月11日 09時00分 公開

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:5年前の今頃は?→アニメ「ダンまち」より“例の紐”が人気爆発 ただの紐が1000円で販売されるも即完売

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 5年前の2015年4月11日、当時放送中だったアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より、ヘスティア様の“例の紐”が大人気に。ただの青い紐が1000円で販売され、しかも即完売するという異常事態を生みました(関連記事)。


2015年4月当時のスクリーンショット




 2015年4月〜6月にかけて放送されたアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」。ヒロイン「ヘスティア」の胸を支え、ひいては同作の人気を支える一助となったのが、青い紐状のアクセサリー――通称“例の紐”です。

 圧倒的存在感を放ちながら存在意義が全く分からないという大いなる矛盾を抱えたその紐は、多くのアニメファンに悶々とした衝撃を与えました。

 そんな紐にいち早く目を付けたのが、秋葉原にあるホビーショップ「らしんばん秋葉原店新館」です。程よいツヤと程よい弾力にこだわったという青い紐を1本1000円で販売。情報は瞬く間に拡散され、即日完売する異常事態となりました。おちつけ! ただの紐だぞ!


画像はアニメ公式サイトより

おかげさまで「ねとらぼ」は2021年4月に10周年を迎えます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた