ニュース
» 2020年04月13日 17時30分 公開

元祖「都市型SUV」がフルモデルチェンジ トヨタ、4代目「ハリアー」ドカンと登場(1/4 ページ)

クーペSUVに進化、うひょひょーこりゃかっこいいぞぉぉ!【写真28枚+α】

[志田原真俊,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は、SUV(スポーツタイプ多目的車)「ハリアー」をフルモデルチェンジし、2020年6月に発売します。

トヨタ ハリアー 新型 新型「ハリアー」(写真:トヨタ自動車、以下同)

フォトギャラリー

トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型 トヨタ ハリアー 新型(参考)2代目「ハリアー」 トヨタ ハリアー 新型

 ハリアーは1997年からトヨタが販売するSUVです。悪路を物ともせず走れる走行性能、そして街中でも似合う実用的な高級車としてのクロスオーバーSUV、いわば「都市型SUV」の先駆け。今でこそSUVの方向性として一般的になりましたが、当時としては先進的なコンセプトでした。

 2013年登場の3代目では、兄弟車だった「レクサスRX」から独立し、国内専用車となりました。元祖街乗り高級SUVとしてのブランド力を武器に、モデル末期の2020年3月でも月間3000台近くを売り上げて国内メーカー全車種中33位を記録している人気車種です(一般社団法人日本自動車販売協会連合会の統計データより)。

トヨタ ハリアー 新型 流麗なフォルムのクーペSUVに進化

 都市型SUVの先駆者としては当然というべきか、新型(4代目)ハリアーは、近年流行している流麗なフォルムの「クーペSUV」に進化。フロントマスクはグリルとヘッドライトが流れるようにつながったデザインで、新しさを感じさせつつもグリルなどにハリアーと分かる面影が残ります。リアは横一文字に光る一体型のテールランプが特徴です。

 内装は、馬の鞍(くら)をイメージしたというセンターコンソールをはじめ、各部にレザー調素材やウッド調の加飾パーツを多用して上質感を演出。また、調光ガラスを用いた「電動シェード付パノラマルーフ」をトヨタ車としては初採用し、障子越しのような柔らかい光で開放感を味わえます。

トヨタ ハリアー 新型 新型(4代目)ハリアーの内装

 骨格はカムリやRAV4にも使われるGA-Kプラットフォームで、高剛性化・低重心化を図ります。ハイブリッド車には2.5リッター、ガソリンエンジン車には2リッターのダイナミックフォースエンジンを搭載。予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の標準装備はもちろん、走行中の前後映像を録画できるドラレコ機能「デジタルインナーミラー」を初採用します。このほか、非常用電源としても使える「AC100Vコンセント」(ハイブリッド車のみ)やスマートフォン連携機能「SDL」などの装備を充実させました。

トヨタ ハリアー 新型 新型(4代目)ハリアーの設定グレード
トヨタ ハリアー 新型 新型(4代目)ハリアーの主な仕様
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」