ニュース
» 2020年04月15日 21時25分 公開

星野源、社会現象化した「うちで踊ろう」に驚き 「面白いものとか楽しいもので埋めたい」と考え明かす (1/2)

最近は、一日中「うちで踊ろう」のコラボ動画をチェックしているという星野さん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 ミュージシャンの星野源さんが4月14日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、SNSで発表し大きな反響を呼んでいる楽曲「うちで踊ろう」が生まれたいきさつや、「面白いものとか楽しいもので埋めたい」という考えを語りました。

星野源 うちで踊ろう 大ブームの「うちで踊ろう」(画像は星野源Instagramから)

 星野さんがCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大対策による外出自粛中に制作し、4月3日にInstagramで公開した同曲は、「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と呼び掛けたことからさまざまなコラボが誕生。ついには安倍晋三首相もコラボ動画をTwitterに投稿するに至りました。

 前週の放送に引き続き、自宅からのテレワーク出演となった星野さんは、「すごいですね反響が。ほんっとにね。……すごい!」とこのムーブメントに言及。前週の放送で「自分の中では社会現象」と語っていたことが、自身だけでなく本当の意味で社会現象となっていることに驚きの声を漏らしました。

 多くのコラボ動画が誕生した中でも、アスリート、特に元女子レスリング日本代表の吉田沙保里さんが「うちに踊ろう」に合わせてシャドーボクシングをするコラボ動画を称賛。吉田さんの生き様が反映されているような動画に、面白さや楽しさだけでなく、「なんか泣きそうになる」と感動もひとしおの様子でした。

星野源 吉田沙保里 うちで踊ろう 吉田沙保里さんのかっこいいシャドーレスリング(画像は吉田沙保里Instagramから)

 また、楽曲制作に至った思いも吐露。新型コロナウイルス感染対策のため週末の外出自粛要請が出たころ、海外の動向を考えるに、それが遠くない将来、毎日(外出自粛)になるのではないかと考え、「家の中でも面白いと思えること、見ているだけでも面白いし、自分のやり方で参加できるんじゃないかと思えるようなこと。1日の楽しみにできるようなもの。そういうものができないかなと考えた」と語りました。

 さらに、楽曲に頻出する「重なり合う」というフレーズは、動画に誰かが何かを「重ねる」という仕掛けとつながるように作曲したとし、「離れていても、一緒に誰かと過ごしている感覚、つながっているような感覚ってそれだけで生きられる」と思いを述べました。

 前週から一度も外に出ていないという星野さんは、ずっと「うちで踊ろう」のコラボ動画をチェックしているとして、面白い、と思ったものは自身のInstagramのハイライトに置くようにしているとのこと。「寝癖が凄すぎて歌が入ってきません」と話題の大泉洋さんのコラボ動画には、「大泉洋さんなんかただ自分の髪形をあげているだけだから」と笑いを交えてフォローしつつも、事前に電話でやりとりした上で生まれたものだとし、「これでもいいんだと思ってもらいたくて、自分のところで動画をアップした」という裏話も明かしました。

星野源 うちで踊ろう 大泉洋 大泉洋さんの寝癖も話題に(画像は星野源Instagramから)

 一方で、「人をばかにしたりとか、人を嫌な気持ちにさせてやろうとか、全く無視したことをやろうだとか、そういう動画は僕は全く好きじゃないし、自分のところ(Instagram)でピックアップしようという気持ちにはもちろんならない」とバッサリ。“面白いものとか楽しいもので埋めたい”と思いを伝えました。

 さらに、衣食住といった生活に欠かせない要素と比較する形で、「衣食住はもちろん大事だけど、楽しいとか面白いことがないと人間は死ぬと僕は思います」とコメント。「人間は余計なことをする生き物。余計な想像力があるから、家族を守ることができて、自分の命を守ることができる。でもその余計なことの中には、変なこともあって、面白いこともあって、アホみたいなこともあって。それを見るだけで面白かったり、楽しい気持ちになったりすることで、今日も生きようと思えるんです」と持論を展開し、「だから、ぜひ皆さん、面白いことをしよう。楽しいことをしよう。……ね!」と言葉をためながら、熱く語りかけました。

星野源 うちで踊ろう 高畑充希さんが投稿したコラボ動画(画像は高畑充希公式Instagramから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた