ニュース
» 2020年04月16日 07時30分 公開

ファッションショーのモデルをしたら“深淵”が見えた 斬新すぎるスタイルに出会った実話漫画が爆笑呼ぶ

笑わずにやり遂げる光ファイバーさんすごい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 デザイン学校の学生に頼まれてファッションショーのモデルを引き受けたら、ファッションの深淵をのぞいてしまった――。そんな体験を描いた漫画が、Twitterで笑いを呼んでいます。“おしゃれ”は“おもしろ”と紙一重。


アイキャッチ 右のコマが衣装の着用前、左が着用後。これがファッションの深淵……(なのか?)

 同作は作者のみまたかほ(@kaho54235115)さんの体験談。モデル依頼を快諾した彼女は、あるデザインコンセプトの下に衣装とメイクを施されます。


1P

 そうして出来上がったのは、ダークなワンピースとルージュに彩られた、悪役めいた姿。思わず「これは何?」とコンセプトを聞くと、デザイナーからは「“夜と死”です!!」と、元気な声が返ってきました。う〜ん、理解できる気はしないでもないけれど、「分かった」と言い切るまでの自信は持てない……そんなファッション。


2P


 いまいち理解できないデザインを与えられたのは彼女だけではなく、ショーに参加したモデルたちは、一様になにがしかの物質や概念と融合させられています。そんなカオスな光景に作者がため息をついていると、「なんかすごいショーですね……」と、前に並んでいた「でっかいそうめんの束みたいな人」が話しかけてきました……というか、これ、何? 作者が「私は“夜と死”です。おねーさんは?」と、自己紹介の交換としては異様すぎる返事をすると……。


3P

 「私は光ファイバーです」――あんまりな答えが返ってきました。


4P

 シュールな言葉を不意打ちのように浴びせられて、作者は笑いをこらえるのに必死。相手は「笑っていいんですよ?」と言ってくれていますが、メイクを維持しなくてはなならず、地獄のように苦しみもだえるしかないのでした。

 漫画は「2ページ目以降全て破壊力がすごすぎてやばい」「これもう“概念コスプレ大会”やろ」と好評。「光ファイバーさんが無敵すぎる」「光ファイバーが気になって夜も眠れない……」と、光ファイバーさんも大人気です。ちなみにその光ファイバーさん、ショーは立派にやり遂げたそうです。メンタル鋼かよ。


5P つよい

 作者のみまたかほさんは、今春に退職して漫画家として活動を開始。趣味の登山体験を生かし、山にまつわる不思議な物語「彼沢さんの四方山話」シリーズ(関連記事)を描いています。

作品提供:みまたかほ(@kaho54235115)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた