ニュース
» 2020年04月16日 07時30分 公開

ファッションショーのモデルをしたら“深淵”が見えた 斬新すぎるスタイルに出会った実話漫画が爆笑呼ぶ

笑わずにやり遂げる光ファイバーさんすごい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 デザイン学校の学生に頼まれてファッションショーのモデルを引き受けたら、ファッションの深淵をのぞいてしまった――。そんな体験を描いた漫画が、Twitterで笑いを呼んでいます。“おしゃれ”は“おもしろ”と紙一重。


アイキャッチ 右のコマが衣装の着用前、左が着用後。これがファッションの深淵……(なのか?)

 同作は作者のみまたかほ(@kaho54235115)さんの体験談。モデル依頼を快諾した彼女は、あるデザインコンセプトの下に衣装とメイクを施されます。


1P

 そうして出来上がったのは、ダークなワンピースとルージュに彩られた、悪役めいた姿。思わず「これは何?」とコンセプトを聞くと、デザイナーからは「“夜と死”です!!」と、元気な声が返ってきました。う〜ん、理解できる気はしないでもないけれど、「分かった」と言い切るまでの自信は持てない……そんなファッション。


2P


 いまいち理解できないデザインを与えられたのは彼女だけではなく、ショーに参加したモデルたちは、一様になにがしかの物質や概念と融合させられています。そんなカオスな光景に作者がため息をついていると、「なんかすごいショーですね……」と、前に並んでいた「でっかいそうめんの束みたいな人」が話しかけてきました……というか、これ、何? 作者が「私は“夜と死”です。おねーさんは?」と、自己紹介の交換としては異様すぎる返事をすると……。


3P

 「私は光ファイバーです」――あんまりな答えが返ってきました。


4P

 シュールな言葉を不意打ちのように浴びせられて、作者は笑いをこらえるのに必死。相手は「笑っていいんですよ?」と言ってくれていますが、メイクを維持しなくてはなならず、地獄のように苦しみもだえるしかないのでした。

 漫画は「2ページ目以降全て破壊力がすごすぎてやばい」「これもう“概念コスプレ大会”やろ」と好評。「光ファイバーさんが無敵すぎる」「光ファイバーが気になって夜も眠れない……」と、光ファイバーさんも大人気です。ちなみにその光ファイバーさん、ショーは立派にやり遂げたそうです。メンタル鋼かよ。


5P つよい

 作者のみまたかほさんは、今春に退職して漫画家として活動を開始。趣味の登山体験を生かし、山にまつわる不思議な物語「彼沢さんの四方山話」シリーズ(関連記事)を描いています。

作品提供:みまたかほ(@kaho54235115)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声