ニュース
» 2020年04月16日 07時30分 公開

ファッションショーのモデルをしたら“深淵”が見えた 斬新すぎるスタイルに出会った実話漫画が爆笑呼ぶ

笑わずにやり遂げる光ファイバーさんすごい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 デザイン学校の学生に頼まれてファッションショーのモデルを引き受けたら、ファッションの深淵をのぞいてしまった――。そんな体験を描いた漫画が、Twitterで笑いを呼んでいます。“おしゃれ”は“おもしろ”と紙一重。


アイキャッチ 右のコマが衣装の着用前、左が着用後。これがファッションの深淵……(なのか?)

 同作は作者のみまたかほ(@kaho54235115)さんの体験談。モデル依頼を快諾した彼女は、あるデザインコンセプトの下に衣装とメイクを施されます。


1P

 そうして出来上がったのは、ダークなワンピースとルージュに彩られた、悪役めいた姿。思わず「これは何?」とコンセプトを聞くと、デザイナーからは「“夜と死”です!!」と、元気な声が返ってきました。う〜ん、理解できる気はしないでもないけれど、「分かった」と言い切るまでの自信は持てない……そんなファッション。


2P


 いまいち理解できないデザインを与えられたのは彼女だけではなく、ショーに参加したモデルたちは、一様になにがしかの物質や概念と融合させられています。そんなカオスな光景に作者がため息をついていると、「なんかすごいショーですね……」と、前に並んでいた「でっかいそうめんの束みたいな人」が話しかけてきました……というか、これ、何? 作者が「私は“夜と死”です。おねーさんは?」と、自己紹介の交換としては異様すぎる返事をすると……。


3P

 「私は光ファイバーです」――あんまりな答えが返ってきました。


4P

 シュールな言葉を不意打ちのように浴びせられて、作者は笑いをこらえるのに必死。相手は「笑っていいんですよ?」と言ってくれていますが、メイクを維持しなくてはなならず、地獄のように苦しみもだえるしかないのでした。

 漫画は「2ページ目以降全て破壊力がすごすぎてやばい」「これもう“概念コスプレ大会”やろ」と好評。「光ファイバーさんが無敵すぎる」「光ファイバーが気になって夜も眠れない……」と、光ファイバーさんも大人気です。ちなみにその光ファイバーさん、ショーは立派にやり遂げたそうです。メンタル鋼かよ。


5P つよい

 作者のみまたかほさんは、今春に退職して漫画家として活動を開始。趣味の登山体験を生かし、山にまつわる不思議な物語「彼沢さんの四方山話」シリーズ(関連記事)を描いています。

作品提供:みまたかほ(@kaho54235115)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」