ニュース
» 2020年04月16日 21時00分 公開

香川ゲーム条例、「(パブコメは)賛成多数だから採決しては」と発言したのは誰だったのか

“大量の賛成票”はこのための布石だった?

[池谷勇人,ねとらぼ]

 パブリックコメントの原本が開示されたことで、新たな疑問点や不審点が次々と指摘されている「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」ですが、可決前の最後の検討委員会で、「賛成多数だから、もう採決してはどうか」と発言していたのが、自民党県政会の氏家孝志議員であったことが議員への取材で分かりました。ただ、氏家議員自身は発言について「回答を控える」としています。


香川県パブコメ 氏家孝志議員(自民党香川県連ホームページより)

賛成パブコメは「可決のための布石」だった?

 パブコメの原本については既にKSB瀬戸内海放送や朝日新聞などが入手しており、賛成意見の大半が(誤字も含め)同じ文章・書式であったこと、同一のPCから短時間に大量送信された疑いが強いことなどが指摘されています。

 もちろん、本来パブコメは“賛否の数”を問うものではありませんが、朝日新聞の記事によれば、3月12日の検討委員会で委員から「(パブコメは)賛成多数だから、もう採決してはどうか」といった発言があり、20分ほどで議論が打ち切られたとのこと。事実であればパブコメの趣旨に著しく反しているだけでなく「大量のコピペ票」を採決に都合よく利用したのではないか――といった疑惑もでてきます。


香川県パブコメ ゲーム条例、20分で議論終了 パブコメは非公開のまま(朝日新聞)

 原本をいち早く閲覧していた、立憲民主党の竹本敏信議員は、パブコメの不審な点について「何らかの働きかけはあったんでしょう」と推測します。

「普通こういうパブコメでは反対の方が多いし、最初に素案が出たときも反対意見がほとんどで賛成はほんの数件でした。それがいざパブコメを募集したらこれだけ差が開くというのはおかしい。12日の委員会でも、氏家(孝志)議員から『賛成がこれだけ多いんだからもう決をとったら』といった発言があった。恐らくこのために布石を打っていたのではないか」(竹本議員)


香川県パブコメ 竹本敏信議員(立憲民主党ホームページより)

 また、竹本議員に取材したのはパブコメ原本がメディアに開示される前でしたが、指摘されているパブコメの“不審な点”についても証言が一致しています。

「見た限りほぼ同じ書式で、『賛成します』『賛同します」などとだけ書かれたものが次から次へと出てきた。私が見たかぎり、賛成が2000枚くらいあって、そのうち7割くらいは同じ書式でした」(竹本議員)

 さらに、編集部宛てに匿名で“名前貸し”の情報提供があったことを伝えると、次のようにも語りました。

「そういえば最後の委員会があった3月12日の昼すぎごろ、議員控室に来た人がいて、その人も『名前貸しの動きがあった』といったことを言っていました。名前は分からないが、顔は見覚えのある人でした」



氏家議員「私からの回答は差し控えます」

 また、竹本議員から名前が挙がった氏家議員にも聞きました。

―― 12日の検討委員会で「賛成多数だから、もう採決してはどうか」といった発言をしましたか。また、言ったとしたらどういった意図からですか。

氏家議員:そもそも委員会の内容は非公開で、その内容が外に漏れているというのはゆゆしき問題と考えています。内容については委員会の後、大山(一郎)議長が会見で語ったことが全てと考えており、私からの回答は差し控えます。

※編注:今回の委員会はあくまで「非公開」であり、内容の公開が禁止されているわけではない(“秘密会”の場合は口外不可)

―― 採決のプロセスについて、問題はなかったと思いますか。

氏家議員:私自身は問題なかったと思っています。委員会の中でもそういう共通認識として議論を進めてきました。


2269件もの“賛成意見”はどこから来たのか

 現在パブコメ原本について指摘されている不審な点については、いずれも直ちに不正と断定できるものではなく、そこはあくまで冷静に判断する必要があります。KSB瀬戸内海放送の取材によれば、提出者の氏名や住所などが同じだった場合は合わせて「1件」とカウントしていたとあり、例えば仮に本文が“コピペ”で同一人物により大量に送られたものであったとしても、名前が使われていた「賛同者」は本当に存在していた可能性があります。


香川県パブコメ 香川県「ゲーム条例」の制定過程に疑問の声 パブコメ提出者の“実在”確認せず集計(KSB瀬戸内海放送)

 しかし、とはいえ一連の状況が「誰かが票の取りまとめを行い、大量のパブコメを特定のPCからまとめて送信していた可能性が高い」ことを濃厚に示しているのもまた事実です。また「名前貸し」の疑惑について、編集部だけでなく竹本議員のところにも同様の情報提供があったというのも気になる部分です。

 2269件もの“賛成意見”はどこから来たのか、それは正当な方法で集められたものなのか、なぜ同一文面の投稿が大量に見つかったのか、公式には案内されていないはずの「ご意見箱」からなぜ大量の投稿があったのかなど、この件についてはまだ多くの謎が残っています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」