ニュース
» 2020年04月21日 08時00分 公開

【5年前の今頃は?】つらすぎオタク用語「バウムクーヘンエンド」が話題に 「好きな人の結婚式の引き出物を1人で食べている結末」【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 5年前の2015年4月21日、主に女性オタクの間で「バウムクーヘンエンド」なる用語が話題に。あまりにつらく生々しい状態を表すこの言葉。皆さんは意味を知っていますか?(関連記事




 「バウムクーヘンエンド」とは、キャラクターとキャラクターの関係性が悲しい結末に終わったことを示す言葉。pixiv百科事典には以下のようにまとめられています。


「バウムクーヘンエンド」というネーミングは、「非常に仲がよく、周囲からも『あいつら仲いいよな』『付き合ってんじゃねぇの?』などと言われているような2人組の片割れが『トンビが油揚げをかっさらう』かのごとく他の相手と結婚し、もうひとりが披露宴でのスピーチを頼まれ、笑いまで取ったりして如才なくこなした後に、家に帰って1人で引き出物のバウムクーヘンを食べるような結末」という意味で命名されている。


 想像しただけでウッ……となるシチュエーション。具体例としては「デジモンアドベンチャー」の八神太一と武之内空、「ドラゴンクエストV」の主人公とビアンカ(フローラを選んだ場合)などが挙げられています。

 2012年の9月ごろ。Twitter上である女性ユーザー2人により「こんなシチュエーションはつらい」として考案された言葉のようです。と、ネガティブな文脈で発生した「バウムクーヘンエンド」でしたが、PixivやTwitterでバズった結果、“むしろ萌える”と好意的にとらえる愛好家も生まれているとか、いないとか……。


「デジモンアドベンチャー:」公式サイトより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む