ニュース
» 2020年04月21日 18時29分 公開

「給付金10万円配布」に便乗した詐欺メールが早くも登場 警視庁が画像で手口を紹介

自治体や総務省が、メールで個人情報を問い合わせてくることはありません。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「給付金10万配布につき、お客様の所在確認」という見出しの詐欺メールが出回っているとして、警視庁がTwitterで注意を呼び掛けています。当該メールに記載されたURLには、絶対アクセスしてはいけません。


スパム 詐欺メールの例(警視庁犯罪抑止対策本部Twitterより)

 ツイートで紹介されているのは、政府が進めている「特別定額給付金(仮称)」に便乗した詐欺メール。「各携帯電話キャリア会社を通し、国民の皆様へ配布していくこととなりました」と称し、ニセのサイトへ誘導する手口です。

 給付金を受け取るには、世帯主から地方自治体に郵送またはWebで申請を行う必要があり、手続きにキャリア会社が関与することはありません(申請方法の解説記事)。警視庁は「給付金に関して自治体や総務省が銀行口座や個人情報などをメールでお問い合わせすることはありません」と注意を呼びかけています。

 総務省も給付金を装った詐欺は当初から予測しており、あらかじめ「市区町村や総務省などがATMの操作を求めたり、手数料の振り込みを求めることは絶対ない」などと注意喚起しています。自宅や職場に自治体や総務省をかたった電話やメールが来た場合は、最寄りの警察署か警察相談専用電話(#9110)へ連絡してほしいとのことです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.