ニュース
» 2020年04月25日 15時22分 公開

平野ノラ、衣装をリメイクした母製作のド派手なマスクを披露 「イカします! ナウい!」「母上どのバッチグーです」

マスクは杉並区の学童に贈られるそうです。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 お笑い芸人の平野ノラさんが4月24日、もう着なくなった衣装の生地で手作りしたド派手なマスクの写真と、その1つを装着した自身の姿をInstagramに投稿しました。これがバブリーマスクか……。

平野ノラ マスク このマスク……バブってる!(画像は平野ノラ Instagramから)

 母親が手作りしたというマスクは、生地を2度洗ってガーゼを縫い付けた上で消毒。ノラさんは、「ハッとしてグー!!  母、ありがとう! イカす! イカす! イカす!」と、いつものバブリーな芸風で謝意を表しています。

 14枚ほど確認できるマスクの中には、ドット柄をはじめ、ヒョウ柄やピンク色、花柄のものなどカラフルでハデな柄が目立ちます。これらは、マスクに困っていると聞いた東京・杉並区内のある学童に全て贈る予定で、平野さんは「めちゃくちゃデーハーだけどお役にたてればマンモスうれP〜母やっP〜 皆んなハッP〜」と思いをつづっています。

平野ノラ マスク 子どもたちへのバブリーな贈り物(画像は平野ノラ Instagramから)

 バブリーな生地で作ったド派手なマスクに対しファンからは、「マンモスデーハー!」「マスクがデーハーでテンション上がりますね」「イカします! ナウい!」「どのマスクも、シャレオツ」と、よく訓練されたコメントが寄せられました。また、マスクを作った平野さんの母親について「ノラママ最&高」「母上どのバッチグーです」「お母さんごいすー」と賛辞が集まっています。


五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.