ニュース
» 2020年04月27日 16時50分 公開

NHK、テレビ初をうたう“テレワークドラマ”を5月上旬に3夜放送へ

「今だから、新作ドラマ作ってみました」。スピード感ある。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大でエンターテインメント業界がコンテンツ制作などに苦慮する中、NHKが打ち合わせやリハーサル、本番収録を直接会わずに行う“テレワークドラマ”を制作。5月上旬に3夜放送することを発表しました。

NHK テレワークドラマ 放送 満島真之介 前田亜季 小日向文世 竹下景子 柴咲コウ ムロツヨシ 高橋一生 打ち合わせやリハーサル、本番収録を直接会わずに行った“テレワークドラマ”を放送(画像はNHKドラマWebサイトから)

 初回となる5月4日の放送(23時40分から0時10分)は、満島真之介さんと前田亜季さんが出演の「心はホノルル、彼にはピーナツバター」を放送。婚約中ながら男性の転勤のため遠距離恋愛をしているカップルが、予定していたハワイでの結婚式が中止となるも、唯一の連絡手段となったビデオチャットでラブラブトーク。しかし、ささいな行き違いから二人の隔たりがあらわになり、破局危機を迎える内容です。

 翌5月5日は、小日向文世さんと竹下景子さんをキャスティングした「さよならMyWay!!!」を放送(23時15分から23時45分)。40年連れ添った妻を亡くした悲しみを抱えつつ仕事に励む男が、死んだはずの妻からのビデオ電話で画面越しに離婚届を突きつけられる内容です。

 第3夜放送の「転・コウ・生」(5月8日23時40分から0時10分)は、柴咲コウさんとムロツヨシさん、高橋一生さんをキャスティング。外出自粛で家に閉じこもる人たちが募らせる「あの人に会いたい」という気持ちがなぜか「会いたい」と思った人と魂が入れ替わる珍事を引き起こし、魂が入れ替わった3人を描くファンタジーコメディーとなっています。

NHK テレワークドラマ 放送 満島真之介 前田亜季 小日向文世 竹下景子 柴咲コウ ムロツヨシ 高橋一生 (画像はNHKドラマWebサイトから)

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各局が一部番組の収録延期などを相次いで発表。こうした状況を憂慮するタレントの中には、有志で劇団を立ち上げたり、SNSでライブ配信を行うなどする動きも広がっています。NHKも多くのドラマが当面の収録を見合わせる中、“今だから”できるドラマ作りだとして“テレワークドラマ”を推進する考えです。

 NHKのスタッフブログでは、初めて尽くしで制作に苦労している様子もつづられていますが、これまでバラバラに業務を行っていた部署がオンライン上に一堂に会し、アイデアを出し合って作り上げていくことへの新鮮な気付きも得られていることなどが明かされています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声