ニュース
» 2020年04月27日 19時30分 公開

「現代に生きるザビエル」「すごく残念な山田孝之」 あばれる君、半月伸ばした頭髪&ひげ姿に反響 コメント欄では大喜利始まる

再生回数も伸びますように。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 お笑い芸人のあばれる君が4月26日、自身のYouTubeチャンネルを更新。2週間以上にわたり髪の毛とひげを伸ばしたワイルドすぎる姿を披露し、ファンから「沖ノ鳥島やないかい」「密にならないようにしたんだね」など、例えツッコミが続々と寄せられる事態となっています。例えのバリエーションがすごい。

あばれる君 イチロー 黒沢年雄 山田孝之 動画は帽子とマスクで顔を隠した状態からスタート(画像はあばれる君YouTubeチャンネルから)

【結果発表】あばれる君、2週間以上伸ばした毛を刈る【あばれる君】

 「あばれる君の髪 2週間伸ばしてみた」と題した同企画は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大を受けて、4月10日に事務所から15連休という連絡を受けたことがきっかけ。企画発表と中間報告を兼ねた動画「予告編」を4月22日にYouTubeへ投稿すると、「ひげと髪の毛で頭が重いです」と感想を述べていました。

あばれる君 イチロー 黒沢年雄 山田孝之 15連休を利用した企画(画像はあばれる君YouTubeチャンネルから)

 さらなるスケジュール変更で、伸ばす期間を“2週間以上”に変えたあばれる君は、帽子とマスクを外して結果を発表。神妙な表情を浮かべつつモジモジと披露すると、「みなさんがご心配しているように、今朝ここをバイクが通ったわけではありません」「火の玉をぎりぎりで避けたわけでもありません」と、頭頂部の独特な状況を自らネタに。また、キャップやニット帽をかぶった己の姿を、「“打率の悪いイチロー”に見えてきます」「黒沢年雄さんにも見えてきます」と、著名人に例えてみせました。

 結果発表とネタ披露を終えたあばれる君は、“家族”同然の存在に感じつつあったという髪とひげをそった姿で再登場し、「『StayHome』そして『StayPositive』」「健全な未来は必ず帰ってくると思います」と、外出を自粛しているファンを激励。続けて、「打率の悪いイチロー」「黒沢年雄」などと自らが例えたように、髪とひげを伸ばした姿から思い付いた「あだ名やニックネーム、例え」をコメント欄に書き込んでファンに遊んでほしいと呼び掛けました。

 何でも笑いに変えていくその姿勢はファンの胸にしかと届いたのか、動画のコメント欄には、「髭が似合うのが意外」「ビジネス坊主じゃなかった」「色々な意味でハゲまされたわw」と、ファンの感想が寄せられた他、「すごく残念な山田孝之」「現代に生きるザビエル」「田舎のあぜ道を思い出しました」など、さまざまな例えが書き込まれています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.