ニュース
» 2020年04月28日 17時59分 公開

「時を重ねて響くかっこよさ」B'z、22年前の楽曲「HOME」を自宅スタジオでリモートセッション披露し反響

痺れる……! 

[百合野綾,ねとらぼ]

 ロックユニット「B'z」の松本孝弘さんと稲葉浩志さんが4月27日、それぞれの自宅スタジオから楽曲「HOME」の“リモートセッション”動画をYouTubeチャンネルに公開。ネット上では、「涙が止まらない」「時を重ねて響くかっこよさがある」など2人のセッションに胸を打たれた人が多くみられ、急上昇ランク1位になるなど、反響が集まっています。

B’z “HOME” session

 「HOME」は1998年に発売された楽曲。「HOME」という名にちなみ“First time playing HOME at home! ” (自宅で初めてこの曲を演奏するよ! )というメッセージを添え、投稿しています。動画では、稲葉さんがヘッドフォンを付けてマイクを握ると、イントロに合わせて「…3、4! 」と、カウントして力強く歌い出し、ノリノリでライブさながらに熱唱。松本さんはアコースティックギターとエレキギターを持ち替えながらギタープレイをこなし、サビではコーラスで稲葉さんの歌声に寄り添っており、別々のスタジオでありながらも、距離感を感じさせない2人だけの熱いパフォーマンスを繰り広げていました。

B’z 稲葉浩志 松本孝弘 音楽 ライブ ロック リモートセッションするB'z(画像はB'z公式YouTubeチャンネルから)

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で外出自粛が求められる中、2人の自宅で実現したB'zのセッション。ネット上では「B'zは国宝だよ」「鳥肌たちました」「涙が止まらない」「B'zさんのおかげで全部リセットされました」「時を重ねて響くかっこよさがある」「STAY"HOME"」「B’zは二人のバンドであり、その原点がここにある」「やっぱり世界を救えるのは歌なんだな」など、心を震わせている人の声が多数あがっています。

B’z 稲葉浩志 松本孝弘 音楽 ライブ ロック (左から)松本孝弘さん、稲葉浩志さん

 また、歌詞にある「言葉ひとつ足りないくらいで 全部こわれてしまうような かよわい絆ばかりじゃないだろう」「さあ見つけるんだ 僕たちのHOME」などの言葉に、当たり前の生活をすることが余儀なくされている今、時を経て共感する人のコメントもみられました。


関連キーワード

ギター | YouTube | 音楽


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた