ニュース
» 2020年04月30日 22時31分 公開

オンライン飲み会から自然に(?)脱出できる装置が発明 読み込み中のグルグル(物理)を写し回線落ちを装う頭脳プレー

豪快な力業に笑う。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 外出自粛中の楽しみとして近ごろ話題のオンライン飲み会ですが(関連記事)、途中で抜けたいのに正直に言い出せないなんて人もいるはず。そんなときに役立つかもしれない緊急脱出装置が発明されました。不意の回線落ちを演出できるので、無言で抜けてもカドが立たない(?)。


緊急脱出装置 何だこれは!? 何かというと……

緊急脱出装置 ボタンを押すとアームが起き上がり、話者の顔へ重なる形に

緊急脱出装置 相手には回線が重くて凍り、不可抗力で退席したように見えるという寸法。完璧な頭脳プレー(どうだろう)

 多くの謎プロダクトを手がける発明家、藤原麻里菜(@togenkyoo)さんの作品。ボタンを押すとアームが起き上がるだけのシンプルな装置なのですが、先端に機能の核となる、画期的な飾りを搭載しています。その形は、ZOOMのローディング中に表示されるアイコンを模した、いわば「読み込み中のグルグル(物理)」。奇抜な発想が藤原さんらしい。


緊急脱出装置

緊急脱出装置 ボタンを押すと、“例のグルグル”が顔の前にポップアップ

 グルグルを自分の顔に重ねてカメラに写し、相手には通信が重くてフリーズしたように見せて、「回線の都合による不本意な退出」を装うのが装置の趣旨。しばらく演技で表情を固定してからアプリを閉じれば、スムーズに飲み会から抜けられる寸法です。そんなにうまくいくわけが……いや、なんでもない。


緊急脱出装置 抜けたくなったらまず演技で表情をフリーズ

緊急脱出装置 その間にポチッと装置を起動

緊急脱出装置 自分の顔とグルグルが重なったらアプリを終了。急にいなくなっても、波風を立てずに済む(?)

 このやり方で抜けるならば普通に回線を切断するだけでも済みそうなところを、あえて機械と演技の力で乗り切る姿勢に、リプライでは感心する声が多数上がりました。そんな藤原さんは、YouTubeチャンネル「無駄づくり」でも活動中。「常にレゴを踏んだ痛みを味わえるサンダル」や「ひとりごと用糸電話」など、チャンネル名に違わぬ発明品を日々生み出しています。


動画提供:藤原麻里菜(@togenkyoo)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響