ニュース
» 2020年05月02日 08時30分 公開

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:【4年前の今頃は?】ベトナムファミマがなぜか「のび太のママまん」発売 「のび太の先生まん」「きれいなジャイアンまん」とシリーズ化

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 4年前の2016年5月、ファミリーマート・ベトナムの全店舗で、『ドラえもん』ののび太のママを再現した中華まん「のび太のママまん」が販売され、「なぜそのチョイス?」と話題になりました(関連記事)。


なんで!?


 日本と同じく「ドラえもん」人気が高いベトナムでは、2015年からファミリーマートが登場キャラクターの中華まんを販売。ところがこの人選がマイナーな方向に偏っていて、「のび太のママ」「パパ」「先生」「ジャイ子」「きれいなジャイアン」など、ツッコミ待ちとしか思えないラインアップで展開していたのでした。

 ちなみに「のび太のママまん」「パパまん」は日本の“母の日”&“父の日”に合わせて販売、「先生まん」はベトナムの“先生の日”合わせ、「きれいなジャイアン」はもともとベトナムで大人気……など、それぞれ理由はちゃんとあるようです。

 しかし、主人公である「のび太まん」が発売されたのは17年8月。シリーズ展開が開始して2年以上経ってからのことでした。やっぱり狙ってるだろ!





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」