ニュース
» 2020年05月11日 21時09分 公開

榮倉奈々、子どもからの母の日サプライズに「嬉しさがジワジワ」 夫・賀来賢人のファインプレーにも感謝 (1/2)

家族に関する言及はほとんど行わない榮倉さんが約2年4カ月ぶりに家族関連のインスタ投稿。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 俳優でモデルの榮倉奈々さんが5月10日、約1カ月ぶりに自身のInstagramを更新。夫で俳優の賀来賢人さんら家族の計らいで“嬉しさがジワジワ”とあふれ出す母の日になったことを報告し、ファンをほっこりとした気持ちにさせています。

榮倉奈々 母の日 賀来賢人 嬉しさがジワジワ メッセージカード これはグッと来るメッセージカード(画像は榮倉奈々Instagramから)

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で大きく変容した世の中について思いをつづった4月3日の投稿以来、約1カ月ぶりとなった更新で「ご無沙汰しております」と切り出した榮倉さん。この日が母の日であることに触れ、自身は、「可愛いメッセージカードをもらいまして、嬉しさがジワジワです」と2017年に誕生し現在3歳の第1子からメッセージカードをもらったことを写真を添えて報告。ハートマークのカードには、まだたどたどしい文字ながら「ままいつもありがと」と母をねぎらう言葉が記されています。

 榮倉さんは、「こんな風に、子供に伝えてくれるお父さんがいて、有難い」とも記しており、恐らくは母の日のことをまだ知らない子に、賀来さんがそれを伝えることでこのカードが誕生したもよう。夫の気遣いに深く感激した様子で、その後は、新型コロナの影響で5月9日の開催が中止となった研音創立40周年&ニッポン放送開局65周年記念イベント「KEN RADIOの時間」について、あらためて開催する日が来ることを祈願しました。

榮倉奈々 母の日 賀来賢人 嬉しさがジワジワ メッセージカード 家族に関する投稿は2018年2月以来? (画像は榮倉奈々Instagramから)

 第1子の出産報告こそInstagramでも行っていますが、その性別や名前などは現在に至るまで明かしておらず、賀来さんがTwitterなどでときおり子育ての様子を伝えるのと比べ、ネットで家族に関する言及はほとんど行なっていない榮倉さん。2018年に30歳となった際、家族に祝われたことを「なんとも最高な、ぬくぬくな、1日」と紹介していますが、Instagramではその後家族に関連する投稿は数えるほどしかありませんでした。

 実に2年4カ月ぶりに家族に言及したことから喜びが大きなことは明白ですが、それを手引きした夫への感謝もつづった榮倉さんにファンからは、「お子さんも賀来賢人さんもステキ」「可愛い字に心がほっこりしますね」「こんな時期だからこそ、家族の大切さを感じますね」など理想の家族像だとする声が多く上がっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2009/29/news094.jpg 「結末が載っていないなんて初めて」 「半沢直樹」賀来賢人&西田尚美&児嶋一哉ら出演者もラストを知らされず
  3. /nl/articles/2009/28/news039.jpg 「早く宿題終わったなら余った時間勉強しなさい」 会社でも見掛ける“やる気を無くすシステム”描いた4コマがあるある
  4. /nl/articles/2009/28/news089.jpg 「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる
  5. /nl/articles/2009/21/news034.jpg 「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
  6. /nl/articles/2009/28/news056.jpg 母親「いいことあったから家に来なさい」 実家のかわいい子猫、1年後にめちゃくちゃでかくなるビフォーアフター!
  7. /nl/articles/2009/29/news052.jpg 「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」
  8. /nl/articles/2009/29/news018.jpg ソシャゲのガチャ、物欲センサーで外れを引いたと思ったら…… 思わぬところでレアを引いた漫画にときめく
  9. /nl/articles/2009/28/news085.jpg 虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
  10. /nl/articles/2008/31/news101.jpg 「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒