ニュース
» 2020年05月12日 22時00分 公開

ピアニスト・高木里代子のアニソン×コスプレが止まらない 今度は不二子コスで「ルパン三世」の名曲披露 (1/2)

さすがのぱいぱいジャズ美さんだ。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 “セクシーすぎるジャズピアニスト”として知られる高木里代子さんが、自身の公式YouTubeチャンネル「Riyo Channel」で、アニメ「ルパン三世」の楽曲「ルパン三世のテーマ」や「ラヴ・スコール」を峰不二子コスプレでピアノ演奏する動画を披露。「リアル不二子ちゃん」「指使いの凄い不二子ちゃん」など視聴覚に効くと反響を呼んでいます。

高木里代子 峰不二子 ルパン三世のテーマ ラヴ・スコール ぱいぱいジャズ美 YouTube これは峰不二子(画像提供:エイベックス・グループ)

【ルパン三世のテーマ】LUPIN THE THIRD ジャズアレンジで弾いてみた/高木里代子

 2015年に開催されたジャズフェスティバル「東京JAZZ」では水着姿での立ち弾きを披露し、一躍注目の的となった高木さん。SNSではセクシーな姿でピアノを演奏する姿がこれまで度々話題となりましたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大が続く中、4月下旬からは「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃コスプレで弾いた「紅蓮華」や、自作の紙製セーラー服でハルヒになりきった「ハレ晴れユカイ」(アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」EDテーマ)など、アニソン×コスプレシリーズを連続投稿しています。

 高木さんいわく、甘露寺蜜璃や涼宮ハルヒは“甘口系なキャラ”とのことで、その反動か、最新の投稿では、“辛口なイメージ”だという峰不二子コスプレで「ルパン三世のテーマ」を演奏。

 同楽曲は高木さんがジャズピアニストとしても作曲家としても大リスペクトしているという大野雄二さんの名曲ですが、ファンからのリクエストも多かったという同曲を、ジャズ風にアレンジしつつ、メロディーだけでなくバッキングも弾くという一人二役の超絶技巧で弾きこなしてみせました。

高木里代子 峰不二子 ルパン三世のテーマ ラヴ・スコール ぱいぱいジャズ美 YouTube 峰不二子再び(画像提供:エイベックス・グループ)

「ラヴ・スコール」ジャズアレンジで弾き語りしてみた

 さらにこの翌日には、アニメ2ndシリーズのエンディングテーマ「ラヴ・スコール」をジャズアレンジで弾き語りした動画も投稿。「ルパン三世のテーマ」とは打って変わって甘く切ない女性のかわいらしさをイメージしたというボサノバ調の演奏を披露し、両投稿には「ビジュアル、ピアノ、歌、全てが完璧」「リアル不二子ちゃん」「指使いの凄い不二子ちゃん」など、演奏技術もさることながら、視覚的なインパクトに圧倒される声が多く寄せられています。

 なお、高木さんのアニソン×コスプレシリーズで、これまでに最も注目を集めたのは、「うる星やつら」のラムコスプレで弾いた「ラムのラブソング」で再生回数は180万回超。次いで、セーラームーンのコスプレで弾いた「ムーンライト伝説」が約20万回再生となっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた