ニュース
» 2020年05月13日 12時07分 公開

「ジャニーズとコラボする日が来るなんて」 櫻井和寿、嵐&V6&関ジャニ∞ら総勢76人への楽曲提供に期待の声(1/2 ページ)

びっくり。

[百合野綾,ねとらぼ]

 ロックバンド「Mr.Children」の櫻井和寿さんが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大防止を支援するため、ジャニーズ事務所所属アーティスト総勢76人で結成された期間限定ユニット「Twenty★Twenty」(トゥエンティー・トゥエンティー)に書き下ろしたチャリティーソング「smile」を提供することが、5月13日にわかりました。これを受け、Twitter上では「櫻井さん」がトレンド入りするなど、新たなコラボに期待の声が多数あがっています。

櫻井和寿 Mr.Children ジャニーズ 「Johnny's Smile Up! Project」のロゴ(画像は「Johnny's Smile Up! Project」公式Instagramから)

 「Twenty★Twenty」は、ジャニーズグループがCOVID-19感染拡大防止の支援活動を行っている「Johnny's Smile Up! Project」の1つの取り組みとして新たに結成。参加アーティストは、V6、KinKi Kids、嵐、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、山下智久、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Prince、SixTONES、Snow Manの15組となっています。

 今回のチャリティーソングは、ジャニーズが長期にわたって精力的にチャリティー活動を行っている櫻井さんにオファーし、初のタッグが実現。コラボについて櫻井さんは「このプロジェクトに、楽曲提供という形で参加できることを、とても光栄に思っております」とコメント。「ジャニーズの皆さんがこの曲を歌ってくださることを前提としたからこそ、書けた歌詞があります」と歌詞について触れ「だけど忘れないで [君の笑顔に逢える] それだけで生きていける僕がいる」と紹介し、「ジャニーズの皆さんほど、このフレーズを歌うにふさわしい方はいないと感じます」と語っています。

 また、楽曲制作にあたり「大切な人の心や体が弱っている時、その人の為に『美味しくなれ』『元気になれ』と、心を込めておにぎりを握るように歌う皆さんの姿を想像して書きました」と胸の内を明かし「この歌を聴いた多くの人達が笑顔になることを願っています」と締めくくっています。

 同プロジェクトについて、ジャニーズ事務所は「最前線で働く医療事業者の皆様、ライフラインに携わり国民の生活を支えてくださっている多岐に渡る産業従事者の皆様、長期の外出自粛を頑張る皆様、全ての方々に支援の想いと共に届けられたらと思っております」とコメントしています。

 発表を受け、ネット上では「ミスチルの櫻井さんは強い。ずるいって!」「櫻井さんとコラボってすごい」「櫻井さんが書いた曲とか胸アツ!!」「櫻井さんがジャニーズとコラボする日が来るなんて」「櫻井さんとジャニーズのコラボって想像つかない。とても楽しみ!!」「CD何枚買えばいいですか」など、コラボに期待する声が殺到しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙