ニュース
» 2020年05月13日 18時51分 公開

“自由”って何だっけ? 「フリーランスの理想と現実」を描いた図が不自由すぎて泣きたい

スケジュール真っ白のほうがよっぽど怖くはあるけれど、忙しすぎるのも……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 フリーランスという働き方は、時間に縛られない一面がメリットとして語られがちですが、実際は受注数や納期の兼ね合いでスケジュールが縛られるので、字面ほどにフリーではありません。そんな理想と現実をシビアに描いた図が、Twitterで注目を集めています。「自由って何だろう」って悩まされることうけあい。


理想と現実 理想形のように、一定のペースで発注が来るならばとても自由で楽なのですが、実際は一斉にやって来がちなものでして……(画像は「死」の長さが微調整された修正版

理想と現実 登場する発注元一覧。納期のスパンも修正指示の頻度もまちまちです

理想と現実 凡例。図をよく見ると分かりますが、理想上の「休み」が現実では「虚無」に変換されるので、フリーランサーに休みはありません(あながち過言でもない)

 投稿主は「草を生やすボタン」や「ミスター味っ子ゴッコ用の光る重箱」など、ユニークな工作を手掛ける「サイバーおかん」こと、デザイナーのタナゴ(@1_design)さん。今回はフリーランサーの1カ月間について、理想形と実情をそれぞれ図示して見せました。

 タナゴさんが例示した取引先は全部で5件。理想の図では、Aの案件をこなして納品したら、趣味や休みなどをするフリーな時期を挟んでBの案件へ……と一定のリズムで暮らす、ゆとりあるライフスタイルが描かれています。

 しかし、現実はそうもいきません。クライアントからの発注が月頭に集中するケースだってあるわけです。納期も似たような設定で、全てを並行して早急に進めると想像すると、ひとごとながらオエッとなりますね。


理想と現実 抜粋してみたところ、仕事DとEの“急に差し込まれた感”と、「これ本当に商談として成立してるのかな?」といった不安感がいっぱいに広がりました

 たとえスケジュールがタイトだろうと、請けたからには働くのがスジというもの。タナゴさんは5つの案件をなんとか全部仕上げて提出し、「死」のターンへ入ります。言葉はおだやかでないですか、「休息」や「ノックアウト」、「強制シャットダウン」などさまざまな意味合いがあるのでしょう。

 しかし、仕事はデザインを提出して終わりでなく、次の依頼まで遊んでいられるわけではありません。タナゴさんの場合、「修正が終わるまでが仕事」といった契約のようで、月末までのほとんどを、修正依頼の対応に追われて暮らします。

 多忙ななか、ごくわずかに空白の時間がふっと湧くことも。ただ、それも理想の図では「休み」と書いていたのに、現実は「虚無」となっているのが切なすぎます。スケジュールに空きができたものの、疲労困憊(こんぱい)で何もできず「無」で終わるやつだ……。

 つらいケースを紹介する一方で、タナゴさんはほぼ「虚無」で埋まったガラ空きのスケジュール例も投稿。「こういうときもあるからもうかっているわけではない」とコメントしています。「仕事はメリハリが大事」なんて言い回しもありますが、そのバランスをなかなかとれないのがフリーランサーの悩みどころですね。


理想と現実 筆者もフリーなのでよく分かりますが、ヒマすぎるほうがずっと怖い


画像提供:タナゴ(@1_design)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい