ニュース
» 2020年05月18日 18時15分 公開

ボロボロでサビだらけ とある街のトヨタ「ウィッシュ」が二度見不可避すぎる エイジング塗装で職人技をアピール

これでも立派な社用車です。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 ずっと海の底にでも沈んでいたような、ボロボロでさびさびのクルマが、SNSで話題になっています。二度見不可避すぎるクルマの持ち主に話を聞きました。

エイジング塗装 これが……塗装……???

ボロボロでサビだらけ……だがそれがいい!

 このボロく錆びついたように見えるクルマを作ったのは、東京にある塗装会社「ホンダ塗装」の専務のペインターshigeこと本夛重成(ほんだしげなり)さん。本当に錆びているのではなく、それらしく見せる「エイジング塗装」という技術で作られています。プラモデルなどでも使われているものです。



 元となったクルマは社用車として使われているトヨタ・ウィッシュ。会社と職人の腕をアピールするために作ったそうで、今も現役なのだとか。こんなクルマが走ってたら二度見不可避ですね。


エイジング塗装 こちらがベースになった車体。ブルーだったのね。

 作業期間は10日ほど。通常の業務を終えたあとに1日2時間ほどかけて、少しずつ作業を進めたそうです。構想や段取り、イメージ作りも含めると、1〜2カ月ほどかかっているそうです。

 本夛さんにこだわりポイントを聞くと、「ある意味で全部がこだわりです」とのことでしたが、あえて言うならば「肌質」と返ってきました。

 肌質とは、デジタルのカーラッピングでは出せないアナログの凹凸(おうとつ)のことで、リアルな質感の造形はより作品を魅力的に輝かせているような気がします。錆びてますが。


エイジング塗装 よく見ると微妙な凹凸があるのがわかる。

 この世界に1台のクルマの写真がTikTokやInstagramなどにアップされると、たくさんの反響が寄せられました。「ものすごくかっこいい!」「なんかおしゃれ」「(映画の)カーズに出てきそう」と多くの人から好評を得ています。

 本夛さんによると、実物を見た子供は「古い」「錆びてる」と率直な意見を述べるそうですが、「大人の二度見率は高い」そうです。


エイジング塗装 後ろを走っていても塗装だと気づかなさそう。

 このエイジング塗装、実際に同社に発注することはできるのかを聞いたところ、作業スペースや時間の関係で現在は受注できる状態ではないそうですが、検討中とのこと。費用は「(職人の)手取り給料2〜3カ月分と周りには伝えています(笑)」とのことでした。

画像提供:ペインターshige(paintershige)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.