ニュース
» 2020年05月19日 13時00分 公開

「30年前だぜ」「やっぱ速かった……」 新旧CBR250RR、速いのはどっち? ガチバトルで検証(1/2 ページ)

みんな見たかった夢の対決です。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 みんな見たかった夢の対決……! ヤングマシン誌で行われた、30年前と現行の「新旧CBR250RRバトル動画」が公開。あれから30年。神格化される4気筒ニーハンはどれだけすごくて速かったのか。バイクファンの間でそんなワクワクな議論が花咲いています。

CBR250RR 新旧対決 加速 30年前のモデルと現行モデル、新旧「CBR250RR」が夢の対決。プロレーサー丸山浩氏主催のYouTubeチャンネル・MOTOR STATION TVで公開(YouTubeより
#1 30年前のMC22と最新のMC51でゼロセンバトル!CBR250RR新旧対決!|VS 250cc直4シリーズ(YouTube/MOTOR STATION TV)

 旧CBR250RR(ダブルアール)は、レーサーレプリカブーム真っ只中の1990年に登場。250ccの4スト直列4気筒エンジンは最大45馬力を1万5000回転で発生し、レッドゾーンは何と1万9000回転からというF1エンジン並みにブン回る超高回転型エンジンを搭載したスポーツバイクでした(関連記事)

 このMC22型は同時代の2スト250ccレーサーレプリカ「NSR250R」などと並び、程度の良い個体は今やプレミアが付いて高値で取引されるほどの伝説バイクです。

CBR250RR 新旧対決 加速 1990年発売のCBR250RR(ダブルアール/MC22型)(写真:ホンダ)

 一方、新(現行)CBR250RR(アールアール)は、往年のダブルアールほど獰猛(どうもう)ではないまでも、スポーティーなスタイルと現行250ccとしては強力な最大38馬力/1万2500回転の並列2気筒エンジンを搭載します。ホンダの250ccバイクとしては初めてドライブ・バイ・ワイヤシステムを採用したほか、倒立式テレスコピックやリアのプリロード調整機能など、クラスを超えた装備で戦闘力を高めた現代のスポーツバイクです。

CBR250RR 新旧対決 加速 現行モデルのCBR250RR(アールアール/MC51型)(写真:ホンダ)

 今回の新旧CBR250RRバトルは、試験コースの直線1000メートル加速勝負(ゼロセン)で対決。ライダー視点の映像で、まずは旧CBR250RRから。

 むふふ……!! 小排気量の4気筒とホンダ特有のカムギアトレーン(バルブをチェーンではなく歯車で開閉することで精度を高める技術)によるカン高い、独特の高回転サウンドがたまりません。結果は、スタートからゴールまで旧型がリードして圧勝でした。

CBR250RR 新旧対決 加速 旧CBR250RRのライダー視点がまたイイ。迫力のカン高い高回転サウンドが響き渡る(YouTubeより
CBR250RR 新旧対決 加速 スタート直後は接戦、しかし徐々に差が開く……!(YouTubeより

 2本目は新CBR250RRのライダー視点から。「スタートから100メートルだけでも勝ってやるか!」というテスターの丸山氏も気合いを入れた通り、序盤はなかなか良い勝負を見せました。しかし最後は旧型に離されてしまいました。当時のニーハンってやっぱスゲー速かったんだ……!

 もっとも、繊細なクラッチワークを要求する250ccマルチより、低速トルクに優れる並列2気筒の新型の方が街中で乗りやすい面があります。誰が乗っても安全快適に楽しめるのはやはり現行モデルかもしれませんが、当時の熱いモデルもやっぱり心をワクワクさせてくれます。皆さんはどちらに乗りたいと思いましたかー?

CBR250RR 新旧対決 加速 ヤングマシン 詳細はヤングマシン誌2019年8月号で

 この対決の詳細は、計測数値なども交えてヤングマシン誌2019年8月号に掲載。Kindleストアなどで電子版バックナンバーも販売されているのでこちらもぜひどうぞ!



フォトギャラリー

CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速 CBR250RR 新旧対決 加速

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」