昔のバイクはもっと軽かった……!?!? 「乾燥重量」と「装備重量」のよく分からん謎(1/2 ページ)

ひと昔前、「レーサーレプリカブーム」がありました。その頃バイク乗りだった人は……「軽かった」と言うのです。

» 2019年11月26日 10時45分 公開
[志田原真俊ねとらぼ]

 1980年代から1990年代にかけて、レースマシンさながらの本気仕様のバイクが続々と登場した「レーサーレプリカブーム」がありました。

バイク 乾燥重量 装備重量 1990年代レーサーレプリカブーム時代の「CBR250RR」(画像:ホンダ、以下同)
バイク 乾燥重量 装備重量 むかし、「レーサーレプリカブーム」がありました

 とにかく速く!! ……といっても、エンジン出力には、例えば250ccならば45馬力→40馬力(1992年)の自主規制があったことから、相対的に「軽さは正義」と軽量化が競争の1つになりました。

 この頃のバイクに乗っていた知人が「リターンライダー」として戻ってこようとしてふと一言。今のバイクを選ぼうとスペックを眺めて「あれ、昔よりすごく重くなったんだね」と。同排気量のバイクでも、あの頃覚えていたマシンはもっと軽かった、というのです。

昔のバイクは「乾燥重量」でも競走していた

 実は、この「最近のバイクは、昔のバイクより重く“感じる”問題」には2つの理由があります。

 1つは、市場環境の変化によって文字通りに重量増が避けられなかったこと。厳しくなった排ガス環境規制に適合するための設計、触媒やマフラーなどのパーツで重くなったり、構造上軽いマシンを作りやすい2ストロークエンジンが消滅したり、ABS(アンチロックブレーキシステム)の装着が義務化されたり。また、そもそも設計が違いますし、「あの頃」ほど速く走ることだけを追求して装備を削ぎ落とした一般価格帯の市販車はほぼないので、安全装備や快適機能に振った分の重量増もあるでしょう。

バイク 乾燥重量 装備重量 (参考)現代の「CBR250RR(2BK-MC51)」の主な仕様

 もう1つは、「車両重量の書き方が変わった(統一された)」ことです。レーサーレプリカマシンは速さを追求したマシンであると同時に、誰にでも最新マシン、最速マシンのすごさが伝わりやすい「カタログスペックをより良く見せるためのテクニック」でも各メーカーがしのぎを削っていました。特にバイクにおいては、発生回転数は違えど出力値に上限がある(一定である)以上、「軽さ」の数字は速さや高性能を示す重要な値でした。この頃のカタログでは、重さの値は「乾燥重量」であることが一般的でした。

 乾燥重量とは、ガソリンやエンジンオイルなどを空にした状態の車体重量のことです。少しでも軽い値とするためにこのやり方は次第にエスカレートしていき、ブレーキフルードやバッテリー液など、抜ける液体は何でも抜いて限界まで軽い状態で計測されるようになっていきました。

 実際の「運転時」の車両重量とはどんどん懸け離れていきます。完全なウソではないでしょうが、こんな統一されていないあやふやな値ではむしろユーザーが困惑し、適性な判断を妨げることにもなります。というわけで、現在の国内メーカーの車両重量の表記は、実際に走り出せる状態で計測した車体重量である「装備重量」に統一されています(一部海外メーカーの車両にはいまだ乾燥重量で示す場合もあるようですが)。なお、この装備重量=車両重量に定員の乗員重量(1人55キロ換算)を足したものが「車両総重量」となります。

カタログ値では「20キロ以上」違うけれど、実は「あまり変わらない」

 改めて「昔のバイクは軽かった!?」に戻りましょう。今回は、当時と現在で同じ車名が残っていたスポーツ系車種を一例として取り上げます。

 1994年の250ccフルカウルスポーツバイク「ホンダ・CBR250RR(ダブルアール)」の“乾燥重量”は143キロでした。対して2017年に復活した現行「ホンダ・CBR250RR(アールアール)」(関連記事)の“装備重量(=車両重量)”は165キロです。カタログ値上では、20キロ以上も重くなったように感じてしまいます。150キロほどの中での20キロ差ですから、かなりの比率です。

バイク 乾燥重量 装備重量 2017年デビューの現代版「CBR250RR」

 しかし1994年のCBR250RRの重さを装備重量にすると、実は157キロです。その差は8キロほどに縮まります。現代のバイクが重くなったというよりは、昔のバイクは書き方が違っており、昔は昔、今は装備重量である、と考えるとあまり悩まずに済むのではないでしょうか。

 ちなみに、新CBR250RRは4スト2気筒、旧CBR250RRは4スト4気筒。旧CBR250RRのエンジンはレッドゾーン1万9000rpm(!)なんていうウルトラ回るブッ飛んだ小排気量4気筒でした。伝説です。

 当時はさらにとんがった2スト250ccレーサーレプリカの「NSR250R」もありました。こちらも、今や程度の良い中古車両はとんでもない価格で取引される、もはや伝説クラスのマシンです。

バイク 乾燥重量 装備重量 特にとんがっていた当時の2スト250ccのレーサーレプリカ「NSR250R」(1993年/SP)
バイク 乾燥重量 装備重量 人気の高かったロスマンズカラーの「NSR250R SP」(1993年/SP ロスマンズカラー)

 なお、近年人気の250ccスポーツバイクカテゴリーは単気筒あるいは2気筒が主流ですが、東京モーターショー2019でカワサキが「4気筒」の250ccモデル「Ninja ZX-25R」(関連記事)をドカンと発表。ニーハン4気筒の復活にバイクファンが「うぉぉ」と盛り上がりました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」