ニュース
» 2020年05月27日 14時00分 公開

ロシアを走るドアが壊れたままの電車がすごいやばい 予想の斜め上を行く閉まり方に「仕様です」「それでいいのか!?」

ちゃんと閉まるから大丈夫ってか。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 ロシアのとある鉄道を走る電車が、Twitterなどで大きな話題になっていました。一見するとドアが壊れているだけの、ロシアではよくある光景ですが……?

ロシア 鉄道 ドア 故障 すごい斜めになってるんですけど……(YouTubeより

 YouTubeにアップロードされた1本の動画は、ロシアの近郊電車「エレクトリーチカ」がサンクトペテルブルク市内の駅のホームに停車しているシーン。映し出されている赤い車体の電車のドアは、明らかに壊れていますが……これそのまま走るのか!?

Осторожно, двери закрываются.(扉が閉まります、ご注意ください)

 「次の停車駅はクプチノ。扉が閉まります、ご注意ください」のアナウンス後、各ドアが閉まり始めたところ……なんと壊れたドアは斜めのまま動きはじめ、反対側の故障していない扉に押され、徐々に閉まっていきます。

ロシア 鉄道 ドア 故障 扉が閉まり始めます(YouTubeより
ロシア 鉄道 ドア 故障 だんだんちゃんとしたドアのような見た目に(YouTubeより

 そして扉はさきほどまでの光景がまるで嘘のようにキレイに閉まりました。「ちゃんと閉まったからヨシ!」という声も聞こえてきそうな、力づくのドア開閉でした。ハラショー。

ロシア 鉄道 ドア 故障 閉まった状態では故障しているとは思えません(YouTubeより

 日本の鉄道は時刻が正確なだけでなく、車両整備も普段から欠かさず行われており、故障が発生した車両はあまり見かけません。しかし、海外では日本の常識が通用しない場面に直面する機会は多く、一部が壊れたままの車両が走っていることも。

 今回の動画はTwitterの投稿が発端となって日本でも盛り上がりを見せ、ロシアの鉄道の大雑把さ(?)が大きく話題となりました。

 このほかにもYouTubeでは、ロシアの鉄道のドアに関する動画はいくつか投稿されており、面白い動画が好きな人の間で以前から注目を集めていました。

 たとえばサンクトペテルブルグ市内を走る地下鉄では、両側の全てのドアを開放したまま走り始めてしまうという「珍事」も発生しています。

ドアを開けたまま走り始めてしまう地下鉄

 動画は駅に停車しているシーンから始まりますが、この時点ですでにホームと反対側のドアも開いています。何かがおかしい。

ロシア 鉄道 ドア 故障 なぜかホームと反対側の扉も開いています(YouTubeより

 そして発車アナウンスの後、ドアは閉まることなく走り出してしまいます。車両にいた乗客たちはそろって扉の心配をしている様子です。

ロシア 鉄道 ドア 故障 扉が開いたまま走り始めてしまいました(YouTubeより
ロシア 鉄道 ドア 故障 窓から手、どころかドアから体を出せてしまう(YouTubeより
ロシア 鉄道 ドア 故障 地下鉄らしい車窓を思いっきり楽しめそう(YouTubeより

 このほか、駅に到着するまでの間小刻みに開閉を繰り返すドアや、完全に開かずに途中で止まってしまうドアの様子もYouTubeにアップロードされており、さまざまな機嫌の悪いドアが見られます。

ガタガタと小刻みに動き続けるドア
ロシア 鉄道 ドア 故障 駅に停車するまで開閉を繰り返すドア(YouTubeより
開かないドア
ロシア 鉄道 ドア 故障 こちらのドアは途中で止まってしまいました(YouTubeより
ロシア 鉄道 ドア 故障 全く開かず乗客はそろって他の扉に(YouTubeより

 日本の電車では、もし扉にトラブルがあればなるべく早く運行から外して修理が行われるため、このようなトラブルは、日本ではめったに見られない光景ですね。

大泉勝彦

 【訂正 2020年5月29日 17時】初出時、一部に誤字がありました。上記の通り修正いたします


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.