ニュース
» 2020年05月26日 13時17分 公開

QUEENギタリストのブライアン・メイ、軽い心臓発作で「死にかけた」と報告 現在は回復し「ロックする準備はできてる」

心配した。

[城川まちね,ねとらぼ]

 英ロックバンド、QUEENのギタリストであるブライアン・メイが5月25日、自身のInstagramに動画を投稿し、軽い心臓発作で「死にかけた」と明かしました。7日には、ガーデニング中のけがで病院に運ばれたことを報告していましたが、その後に起こった心臓発作が命の危機を感じさせるものだったようです。


ブライアン・メイ クイーン 心臓発作 マスク姿でけがをしたことをファンに報告していた(画像はブライアン・メイのInstagramから)

 ブライアンは先日のけがについて、ガーデニングに励んでいたところ、大臀筋(だいでんきん)を痛め、強い痛みによりしばらく歩けず眠ることもままならない日々を送っていると語っていました。以降、屋外で散歩する写真やギターを演奏する動画をシェアし、順当に回復している様子をみせていましたが、実はずっと「誰かがスクリュードライバーを背中に押し付けているような」痛みを感じ続けていたそうで、その違和感からMRI検査を受けたところ坐骨神経の圧迫が判明。「50年間左肩にストラップをかけて重いギターを抱え走り回っていたからかな。でもたぶんその価値はあった」と説明しています。

ブライアン・メイ クイーン 心臓発作 けがのあと初めて外を散歩する姿などをあげていた(画像はブライアン・メイのInstagramから)

 そして背中の痛みが続く中、40分間ほど胸に痛みを感じ、軽い心臓発作を起こしたとのこと。原因は3本の動脈がうっ血して血液供給がうまくされていないことであると分かり、開胸手術をする代わりに動脈を広げるためのステントを3つ装着したとのこと。さすがのブライアンも一時は混乱したようですが、「また人生を歩むことができてとてもありがたい」と今では穏やかな気持ちを取り戻しているようです。そして「ほとんど死にかけたんだけど、痛みはまったく別のところからきていた。でも今は元気だしここにいる。ロックする準備はできてるよ」と続けています。

 また、ブライアンは医師の技術をたたえ、感謝もコメント。一方で、健康だと信じていた自身の身に起きた一連のできごとにはショックを受けたことも明かしました。

 コメント欄では、「私たちに話してくれてありがとう。公の場でこんなことを話すのは簡単なことじゃないよね」「ドクターがうまくやってくれてとてもうれしい。YOU ARE OUR CHAMPION」「僕も3つステントを付けているからそれが怖いことってわかるよ」など、個人的な話を詳細に語ってくれたブライアンに感謝する声や、回復を喜ぶ声がみられました。

 現在72歳のブライアンですが、次々訪れた痛みに心折られることなく回復へと向かおうとする姿に勇気付けられる人も多かったもよう。多くのメッセージを受け取ったブライアンは、26日にも動画を投稿し、「今はとても良くなっている」と伝え、「ありがとう、ありがとう、ありがとう」「決して忘れないよ」と回復を支えてくれた人々に感謝を伝えています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」