インタビュー
» 2020年06月09日 20時30分 公開

【マンガ】ヲタクに片付けは難しい? コレクター一家で育ったマンガ家に聞く“物を捨てない人の考え方”

「コレクションを持つことは諦めず きれいな部屋をキープする道はないのか」

[直江あき,ねとらぼ]

 家族全員コレクター、自身も根っからのコレクターで物が捨てられなかったという著者によるエッセイマンガ『集めすぎ女子が本当の「好き」を見極めたら みるみる部屋が片付きました』。今回は著者・ひぐちさとこさんに「好きなものを集めること」と「片付けすること」を両立する難しさ、コツについてインタビュー。マンガ本編も合わせて掲載します(聞き手:直江あき)。



マンガ『集めすぎ女子が本当の「好き」を見極めたら みるみる部屋が片付きました』とは?

 著者は手芸やアニメ、漫画やフィギュア、かわいいものが大好きな“集めすぎ”のオタク女子。宝物に囲まれて大満足だったはずが、気付けば自室は大切なものといらないものが混在する樹海に……。

 物を捨てたくないオタクならではの視点でちょっとした小技や片付けのアイデアを詰め込み、お片付けから宝物がディスプレイされるまでを、一風変わった面白エピソードを交えて紹介した作品です。

著者プロフィール:ひぐちさとこ(Twitter:@higuchisatoko/ブログ:集めすぎ女子が本当の好きを見極めたら みるみる部屋が片付きました

小さくてかわいいものが大好きで、集め始めると止まらないオタク気質のアラサー女子。著書に『そういや私、女子だった! すこやかでハッピーな童貞女子の日常』『童貞女子会へようこそ!』(ともにKADOKAWA)がある。


プロローグ





























その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


―― プロローグでは4歳から始まったコレクター人生、そして大学進学後、物が多過ぎて部屋が“無法地帯”になるまでの流れが紹介されています。ひぐちさんは、どんなものをコレクションしているのですか?

 小さかったりキラキラしていたり、とにかくかわいいものです。その都度、自分の琴線に触れたものを片っ端から集めています。

 例えば、「シルバニアファミリー」は今も好きで買っていますし、その他にもガチャガチャ、切手や鉱石、郷土玩具、おみくじに付いている小さな人形……。子ども向けのキラキラしたペンダントが付いている「セボンスター」もキレイなので集めています。

 そして、お菓子の缶を集めることはもはや義務ですね。

―― 義務なんですね。

 お菓子の缶は季節ごとに限定品が出るので、一期一会なんですよ。お取り寄せもできるので、インスタで「お菓子屋 かわいい缶」とかで検索してお店を探しています。

 今はオタクというとアニメグッズの印象が強いのですが、それだけではないぞというのは強調したいですね。

―― その都度ハマったものは、飽きたときに捨てないんですか?

 それは違うんですよ! そういうタイプの人もいますけど、私は一度好きになったらずっと好き。好きなものがどんどん増えていくので、物が減らないんです。

 昔使っていた財布なんかも、好きだから捨てられないんですよね。

―― 「“好き”が多過ぎる人」「根っからのコレクター」という感じでしょうか。ご実家にいたときは、家族から「物を捨てなさい」とは言われなかったんですか?

 実家では何も言われませんでした。というのも、私の家族もコレクターなんです。母は本が好きだったので、本棚は常にあふれていました。父は父で釣りやアウトドアが好きで、小道具が増えていく。散らかっていたわけではないんですが、物はとにかく多かった。

 でも、自分の家のことは好きでしたよ。遊びに来た友達が「マンガがいっぱいあるね」と楽しそうにしているのは嬉しかったですし、親と本を貸し借りしたり、皆で協力して「チョコエッグ」を食べたり……。

 そんなわけで、両親も“物を捨てたくない人”たちだったので、私も捨てろとは言われなくて。工夫して自分のテリトリーさえ守っていれば何も言われませんでした。自分が言われて嫌なことは、他人にも言わない。

―― さすがはコレクター一家。

 むしろ、家族に「片付けの本を書く」と言ったら「もしかして私たちが大切にしているものを捨てようというのですか」みたいな(笑)。あのときの「自分の宝物を捨てるように勧められるのではないか」という警戒した目は忘れられないですね。「あなたは変わってしまったのですか」という感じで。

―― 確かに、オタクやコレクターにとって「片付け」はちょっと怖い言葉かもしれませんね。物を減らすことと、好きなものを集めることは相反するので

 そのときはちょっと距離を取られてしまったんですけど、本を見せたら「自分の好きなものは取っておいていいんだ」という趣旨がちゃんと伝わったようで、納得してくれました。

本企画は全4本の連載記事となっています


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.