ニュース
» 2020年05月29日 14時46分 公開

eスポーツで教育を 部活動促進、エビデンス取得に取り組む「eスポーツ超学校」誕生

今期中にトライアルの授業を実施予定。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 日本eスポーツ連合(JeSU)と、IT教育の推進に取り組む超教育協会が、「eスポーツ超学校」の設置を発表しました。この取り組みを通じて、選手をはじめとする人材育成と、eスポーツの授業への採用や部活動を促進すると述べています。


JeSU

超教育協会

 eスポーツ超学校は、eスポーツを通じて教育の機会を提供するコミュニティおよび連絡組織。eスポーツの教育への導入に関心を持つ小中高校や大学による、コミュニティとしてのワーキンググループを形成し、eスポーツの活性化へ取り組むものです。

 施策としては「共同カリキュラムの作成・提供、修了認定」「eスポーツの教育的効果に関するリサーチの実施、エビデンスの取得」「クラブ活動の活性化に向けた活動」などを予定。業界の有識者をフェローとして招き、講師や活動へのアドバイスを依頼するとのことです。

 今後は学校や有識者への声かけを引き続き進めるとともに、共同カリキュラムを作成し、今期中にトライアルの授業を実施するとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.