ニュース
» 2020年05月29日 20時51分 公開

「以前お世話になった時の……撮ってみました」 木村拓哉、ブルーインパルス飛行に約10年前の体験搭乗ショットを公開 (1/2)

フライト後、何事もなかったかのように立ってた木村さんすごかったな。

[のとほのか,ねとらぼ]

 タレントの木村拓哉さんが5月29日、新型コロナウイルスの対応を続ける医療従事者に敬意を示すため東京都心を飛行した航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」についてInstagramでコメント。ブルーインパルスに搭乗した10年前のショットを公開し、感謝の言葉をつづっています。

木村拓哉 キムタク ブルーインパルス

 ブルーインパルスは、12時40分ごろから6機編成で入間基地を飛び立ち、東京スカイツリーや東京都庁、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の治療に取り組む医療機関などの上を飛行。青空に映えた機体にネットで多くの人が反応しており、Twitterではハッシュタグ「#医療従事者にエールを」がトレンド入りしていました。

 木村さんも、散歩の途中で頭上を通り過ぎたブルーインパルスを見たようで、「沢山の方々、特に医療従事者の皆さんへ『力』が届いていると思います!!」とコメント。「有り難う! ブルーの隊員達!」と感謝の思いをつづっています。

 残念ながら写真を収めることはできなかったようですが、「以前お世話になった時の……撮ってみました」と自身がブルーインパルスに搭乗しているパネルやブルーインパルスチームの帽子の写真を公開。これは、2010年に放送されたバラエティー番組「さんタク」(フジテレビ系)でブルーインパルスに搭乗体験した際のショットで、フライトを終えた後も平然とした様子で共演していた明石家さんまさんと軽快なトークを交わすタフさをのぞかせていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.