ニュース
» 2020年06月01日 14時00分 公開

警告を発して加速を抑制 スバル、既存車に後付けできる「ペダル踏み間違い」対策装置を発売

「インプレッサ」「SUBARU XV」など6車種に対応しています。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)は2020年5月29日、アクセルとブレーキの踏み間違いに対応した、既存の車両に後付けタイプの加速抑制装置を発売しました。

photo 「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」車載インジケーターのイメージ(画像:SUBARU、以下同)

 「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」は、時速約10キロ以下で前後約3メートル以内に障害物を検知すると、ランプとブザーで警告を発します。それでもアクセルを強く踏み込んだ場合、加速を抑制をしてくれるという機能です。

 装置を適用できるのは計6車種のスバル車。「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」と「ペダル踏み間違い時加速抑制装置 つくつく防止」の2種類があります。

photo 適用車種と装置のバリエーション

 インプレッサ、SUBARU XVの2車種に対応する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」では、後退時に、時速約5キロ以上でアクセルを強く踏んだ時や、アクセルを踏んだまま時速約5キロを超えた時にも警告と加速抑制を行います。

 SUBARUの運転支援システム「アイサイト」および「スマートアシスト」を装着していない車に限られ、価格は「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」で5万6100円(税込、以下同)、「ペダル踏み間違い時加速抑制装置 つくつく防止」で3万5200円です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.