インタビュー
» 2020年06月15日 08時00分 公開

【うっかりおうちで死にかけた】「小6のころ、アイロンビーズを噛んでいたら走馬灯が見えた」というお話 (1/2)

「『口に入れるためのもの以外は、絶対に口に入れない』ことを誓いました」。

[ねとらぼ]


 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事をインタビューする企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「子どものころ、アイロンビーズを噛んでいたらちょっと走馬灯が見えた」というお話を伺いました。

連載:うっかりおうちで死にかけた

我が家は落ち着く、心が安らぐ場所―― そんなイメージに反して、時には自宅でも命に関わるような危険な事故が起こることが。ただ日々過ごす場所だけあって、どんな危険があるのか気付きにくいもの。そこで「うっかり自宅で死にかけた体験談」を募集して、いろいろな人からいろいろ聞いてみよう、という企画です。

アイロンビーズでまさかの走馬灯

 小学校6年生のころ、家で1人で留守番しながらテレビゲームをやっていたときの話です。なんとなく口がさみしくてアイロンビーズ(※)を噛(か)んで遊んでいたのですが、ふとした拍子に飲み込んでしまい、ビーズがのどに詰まったまま1分ほど息ができずに死にかけました。

 意識が遠のいたころ、のどからビーズが外れて事なきを得ましたが、人生の中で最も下らない理由で死にかけた出来事でした。走馬灯も微妙に見えました。スタッフロールが出てきて、自分の声のキャスティングは2人いました。


アイロンビーズとは、アイロンで加熱するとくっつくビーズのこと。並べると、こんな風に好きなモチーフで作品が作れる

―― アイロンビーズって、1つ1つはかなり小さいと思うのですが、あれがのどに詰まったのですか?

 はい、アイロンビーズ1つで。おそらく詰まりどころが悪かったんだと思います。

 ジタバタもがいて力任せに吐き出そうとしていたんですが、意識が遠のいて力が抜けたところでポロリと取れたんだと思います。それ以降、「口に入れるためのもの以外は、絶対に口に入れない」ことを誓いました。

※本企画は取材対象者のエピソードをそのまま記事化したものであり、特定の製品や状況の危険性、安全性を立証するものではありません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

  • まさかだった身近な危険
  • それから注意するようになったこと
  • 周囲を見ていて、ヒヤヒヤするようになったこと

 などを取材させていただける方、ねとらぼの募集用Twitterアカウント(@nlab_boshu)から、DMにてご連絡いただけますと幸いです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン