インタビュー
» 2020年06月22日 08時00分 公開

【うっかりおうちで死にかけた】小バエ駆除後にアロマキャンドル→爆発音→前髪がちょっと燃えた、というお話(1/2 ページ)

虫が多くなる季節はご注意ください。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事をインタビューする企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「殺虫スプレーで、火災になりかけた」という方からお話を伺いました。

連載:うっかりおうちで死にかけた

我が家は落ち着く、心が安らぐ場所―― そんなイメージに反して、時には自宅でも命に関わるような危険な事故が起こることが。ただ日々過ごす場所だけあって、どんな危険があるのか気付きにくいもの。そこで「うっかり自宅で死にかけた体験談」を募集して、いろいろな人からいろいろ聞いてみよう、という企画です。



殺虫スプレーの使用後、アロマキャンドルを使おうとしたら爆発音

 殺虫剤を使った後に、ライターを使用して火災を起こしかけたことがあります。

 ごみ箱に小バエがいたので殺虫スプレーを噴射し、その直後にごみ箱の上でライターを点火しました(もらいもののアロマキャンドルに火をつけるため)。すると、「ボンッ」という爆発音。ごみ箱の中身が少し燃え、運悪く顔も下に向けていたので前髪の先も燃えてしまいました。

 ごみ箱はぬれタオル、髪はすぐにシャワーを浴びることで何とか事態を収めることに成功。大ケガにならず、良かったです。

―― パニックになってしまいそうな場面ですが、冷静に対処されたんですね

 それ以降、殺虫剤を使った後は必ず換気をするように気を付けています。これから虫が増える季節なので、皆さんも注意していただけますと。

編集部注:夏場に注意したいスプレー缶製品の使い方

 殺虫剤に限らず、「スプレー缶(エアゾール缶)製品を誤った使い方をすると火災事故につながるおそれがあり、火のそば、閉め切った空間で使うのはNG」というのは広く知られているところ。ここでは“特に夏場に注意が必要そうな点”をまとめてみました。

  • 日本家庭用殺虫剤工業会」によると、「車のフロントガラス周辺など40℃以上になるところや日光が直接あたるところには置かないようにしましょう」
  • 各種自治体のWebサイトを見ると制汗スプレー、コールドスプレーについても注意喚起されている

自治体などが紹介しているスプレー缶製品の事故事例

  • 静岡県富士市:台所にゴキブリが出て殺虫スプレーを噴射→調理中のガスこんろの火が引火
  • 大阪府堺市:お風呂場に虫が出て殺虫スプレー→浴室内の点火スイッチをいれたところ爆発
  • 大阪府松原市:バーベキューでカセットこんろに大きな鉄板をのせて調理→輻射熱で破裂
  • 日本自動車連盟(JAF):自動車内で冷却スプレーを使用→その後、タバコを吸おうとして爆発

 なお、使用時の注意の詳細は、使用する各製品の注意書き、当該製品のWebサイトなどからご確認ください。

※本企画は取材対象者のエピソードをそのまま記事化したものであり、特定の製品や状況の危険性、安全性を立証するものではありません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

  • まさかだった身近な危険
  • それから注意するようになったこと
  • 周囲を見ていて、ヒヤヒヤするようになったこと

 などを取材させていただける方、ねとらぼの募集用Twitterアカウント(@nlab_boshu)から、DMにてご連絡いただけますと幸いです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる