ニュース
» 2020年06月03日 17時45分 公開

宮崎駿企画・宮崎吾朗監督の長編アニメ「アーヤと魔女」、NHKで今冬放送

ジブリ初の全編3DCG、鈴木敏夫P「コロナ後でも乗り越えられる作品」。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 宮崎駿さんが企画、宮崎吾朗さんが監督を手掛ける長編アニメ「アーヤと魔女」が、NHK総合で2020年冬に放送されることが分かりました。スタジオジブリとしては初の全編3DCG制作、期待が膨らみます。

アーヤと魔女 宮崎駿 宮崎吾朗 スタジオジブリ NHK 宮崎駿&吾朗コンビで「アーヤと魔女」今冬放送(画像はNHK Webサイトから)

 同作は、英国作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童向け小説をアニメ化するもの。過去にはダイアナの著作『魔法使いハウルと火の悪魔』を原作とした映画「ハウルの動く城」が宮崎駿監督により制作されました。「アーヤと魔女」は、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、奇妙な家に引き取られ、意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まるストーリーと説明されています。

アーヤと魔女 宮崎駿 宮崎吾朗 スタジオジブリ 原作 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 『アーヤと魔女』原作本(Amazon.co.jpから)

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「『アーヤ』は、コロナ後に堪えられる作品なのか? ラッシュを見ながら、ぼくは何度も考えました」とした上で、「この作品の大きな特徴は、アーヤの賢さだと気づきました。賢ささえあれば、どんな時代も乗り越えられる。そう思ったとき、安堵を覚えました」と、このタイミングで新作を発表した思いを語っています。

 さらに鈴木さんは「アーヤは誰かに似ていると思ったら、この作品の監督である吾朗君そのものでした。それを指摘すると、吾朗君は照れ臭そうに、はにかんでいました」とも。はたして吾朗監督はどんな表情を見せたのか、作品とともに気になるところです。

鈴木敏夫プロデューサーのコメント

コロナの後、世界はどうなるのか? それが現在、いろんな人の一番大きな関心事です。映画やテレビだって、それを避けて通ることは出来ません。

『アーヤ』は、コロナ後に堪えられる作品なのか? ラッシュを見ながら、ぼくは何度も考えました。そして、この作品の大きな特徴は、アーヤの賢さだと気づきました。賢ささえあれば、どんな時代も乗り越えられる。そう思ったとき、安堵を覚えました。『長くつ下のピッピ』が世界一強い女の子なら、『アーヤ』は世界一賢い女の子の物語です。憎たらしいけど、何故か可愛いアーヤ。いろんな人に愛されることを願っています。

 ちなみに、アーヤは誰かに似ていると思ったら、この作品の監督である吾朗君そのものでした。それを指摘すると、吾朗君は照れ臭そうに、はにかんでいました。



ADAKEN



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン