ニュース
» 2020年06月04日 12時00分 公開

つるの剛士、20年以上ともにした“相棒”を長男にプレゼント 「これだけでドラマを観てるよう」と感動呼ぶ (1/2)

親世代にはグッとくる。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 タレントのつるの剛士さんが6月3日、20年以上ともに過ごしたバイクとのツーショット写真をInstagramに投稿。ここで、カナダ留学中の長男・詠斗(えいと)さんに大事な“相棒”であるバイクをプレゼントすると明かし、「これだけでドラマを観てるようです」「感慨深いとはまさにこのこと」と、感動の声を呼んでいます。

つるの剛士 バイク 長男 長男にプレゼント予定の愛車(画像はつるの剛士Instagramから)

 現在16歳の詠斗さんに、「日本帰国したらバイクの免許とりいかない? パパのバイクあげるよ」と尋ねたところ、「まじ? とる」と返事をもらったつるのさん。「大切に長く乗り続けるとこんなドラマもあるのか」としみじみ語りつつ、「長男とツーリングするの夢だなあ。。」と、帰国が早くも待ちきれない様子です。

 詠斗さんのものとなるバイクは、妻と交際していた際に後ろに乗せてデートしたという、思い出深い1台。2016年には、古い機種ならではの維持にかかる苦労を漏らしつつ、「思い出のバイクなので手放せない」と、並々ならぬ愛着を示していました。

つるの剛士 バイク 長男 ピカピカでカッコいい(画像はつるの剛士Instagramから)

 2019年末には、13歳の長女とバイクに乗った父娘ツーショット写真を公開し、「同じバイクに長年乗ってるってのもいいもんだなぁ」と、感慨深げに漏らしたこともありました。


 親子愛にあふれたバイクの引き継ぎには、ファンから「人生が繋がれていく感じで素敵」「こうやって、バトンが繋がれていくんですね」と称賛コメントが寄せられた他、「親としてこんなに嬉しいことはないですね」「息子さんが乗るなんて最高ですね」と、父としてのつるのさんに共感する人も現れていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.