ニュース
» 2020年06月06日 11時00分 公開

知ってるようで知られてない? 「アメリカのディズニーパーク」を偏見で紹介するディズニー求めて東へ西へ(1/4 ページ)

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

注:本稿は2月下旬の取材に基づくものです。現在米国のディズニーテーパマークは休業中で、ウォルト・ディズニー・ワールドは7月11日から段階的に再開の予定です。


 日本で「ディズニー」というと、やっぱりディズニーの「テーマパーク」が思い浮かぶでしょう。本音は映画もメディアも配信サービスもディズニーです……と言いたいところですが、今回はそのテーマパークを、それも「アメリカ本家の」ディズニーテーマパークを、極私的な大好きポイントに絞って紹介したいと思います。

「アメリカのディズニーランド」はいくつある?

 東京ディズニーリゾートは“ランド”、“シー”の2つのパークがあります。では、本家アメリカにはいくつのディズニーテーマパークがありますか? と聞かれて速答できる人はなかなかいないかもしれません。そこで今回は、知っているようで知られていない本家アメリカにおけるディズニーテーマパークをまとめて紹介しましょう。

西軍:カリフォルニアのディズニーランド・リゾートはウォルトが作り出した“元祖”

ディズニーランド・リゾート 西海岸、カリフォルニアはアナハイムにあるディズニーランド・リゾート。東京ディズニーランドのシンデレラ城に比べると小さい「眠れる森の美女城」がシンボルです

 あのウォルト・ディズニー本人が作った本家ともいえるテーマパークが、カリフォルニアはアナハイムにある「ディズニーランド」。1955年7月17日にオープンし、今年2020年に65周年を迎える老舗のテーマパークです。

 マジックキングダム型パークの原型であり、メインストリートの先にはシンボルとなるキャッスルが存在し、そこから放射状にファンタジーランドやトゥモローランド、アドベンチャーランドなどテーマに沿ったエリアが設置され、皆さんもご存じのアトラクションがたくさん用意されています。

 2019年には最新のエリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がオープン。さらに2020年2月には最新のパレード「マジック・ハプンズ」がスタートしたばかりです。

マジック・ハプンズ 2020年2月28日にスタートしたばかりの新パレード「マジック・ハプンズ」

 そして2001年2月、すぐ隣に第2パーク「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」がオープンしました。カリフォルニアそのものをテーマにしたパークでしたが、2012年にはピクサーの人気映画をテーマにした「カーズランド」を、2018年には「ピクサー・ピア」をオープン。みんなが大好きなキャラクターたちが登場するパークになりました。近日中には待望の新エリア「アベンジャーズ・キャンパス」もオープン予定です(当初は7月18日オープン予定でしたが、臨時休園のため残念ながら延期に……)。

 カリフォルニア側の2つのテーマパーク、3つのオフィシャルホテルを含めたエリアは「ディズニーランド・リゾート」と呼ばれ、カリフォルニアの都市型テーマパークとして大変人気です。

東軍:フロリダの広大な土地に拡がるウォルト・ディズニー・ワールドはまさに“リゾート”

 そしてもう一つ、アメリカにはディズニーの“リゾート”が存在します。それが、アメリカの東側、フロリダ州オーランドにある「ウォルト・ディズニー・ワールド」です。

マジック・キングダム 東京ディズニーランドと同様、シンデレラ城がシンボルの「マジック・キングダム」

 この“世界”には、東京ディズニーランドの原型となった「マジック・キングダム」、近未来の世界をイメージした「エプコット」、映画をテーマにした「ディズニー・ハリウッドスタジオ」、動物たちとの共存をテーマにした「ディズニー・アニマル・キングダム」の4つのテーマパーク、25を超えるオフィシャルホテルが存在する一大テーマリゾートです。山手線1周の1.6倍の面積という、広大な土地を生かしたリゾートで、世界のディズニーパークの中でもかなり異質なものです。

アニマルキングダム ディズニー・アニマルキングダムでは、映画「アバター」の世界を再現した新エリアも。巨大な岩が浮かんでいます

 ちなみに、ウォルト・ディズニー・ワールドという名称は当初は違ったものでした。ウォルト・ディズニー本人は1971年のマジック・キングダムオープンを見ることなく亡くなりました。実兄であるロイ・ディズニーはこのテーマパークにはウォルトの思いが残されているとし、当初ディズニー・リゾートとしていた名称を「ウォルト・ディズニー・ワールド」に変更したという経緯があります。そのため、個人的にはディズニー・ワールドではなく、長くてもしっかり“ウォルト・ディズニー・ワールド”と表現したいと思っています。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響