ニュース
» 2020年06月06日 11時00分 公開

ディズニー求めて東へ西へ:知ってるようで知られてない? 「アメリカのディズニーパーク」を偏見で紹介する (2/4)

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

東西パーク、どっちがお勧め?

 ざっくりとした「ディズニーランド・リゾート」「ウォルト・ディズニー・ワールド」の紹介はここまでにして、極私的なお勧めをご紹介していきましょう。

手軽にいける海外パーク、カリフォルニアのディズニーランド・リゾートがお勧め!

 まず、西海岸のカリフォルニア、ディズニーランド・リゾートをお勧めします。なんといっても推しは「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」です。映画「スター・ウォーズ」シリーズをテーマにした新エリアで、時間軸的にはエピソード8.5というタイミングながら、映画に登場したことがない辺境の惑星「バトゥー」が舞台です。

 このエリアでは皆さん自身がスター・ウォーズの物語を作り出せるという立て付けになっており、ミレニアム・ファルコンをその手で操縦できたり、レジスタンスの一員としてカイロ・レンと対決することだってできるのです。

スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス ディズニーランドの最新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス」。ファースト・オーダーに知られないように、エントランスは非常に簡素な作りになっています
「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」を30秒で紹介!

 最もお勧めなのは、2019年12月にオープンしたばかりの新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス」。バトゥーの村のはずれにひっそりと存在するレジスタンスたちの隠れ家から、スター・デストロイヤーに潜入しているフィンと合流すべく新人レジスタンスこと私たちがミッションに参加するのですが……。

スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス 秘密の通信をもとに、私たち新人レジスタンスはレイからミッションを言い渡されます

 このアトラクションの驚くべきポイントはそのスケール感と技術。アトラクションはいわゆる「トラックレスライド」と呼ばれる仕組み(東京ディズニーランド「プーさんのハニーハント」などで利用されているもの)で動いており、どこに向かうのかが分からないというスリルもありながら、追いかけてくるカイロ・レンから逃げる道中、目の前に広がるのはまさに“スター・ウォーズの宇宙”。巨大な迫撃砲の間をすり抜けていったり、あのAT-ATとのバトルを繰り広げたり……。すべてが規格外のライドです。

スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス しかしミッションは……。トラクタービームにより、スター・デストロイヤーに捕縛されてしまった私たちは、ファースト・オーダーにとらわれます。このシーンが現実に目の前に拡がるなんて信じられません
スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス 絶体絶命のピンチ、さあどうやって切り抜ける?

 体験前にネタばれをしたくないので非常に抽象的な説明になってしまいますが、私が一番驚いたのはライドの設計。舞台は宇宙に浮かぶスター・デストロイヤー内。でも私たちはそもそも惑星バトゥーにいて、またバトゥーに帰ってくるというストーリーになるのは当たり前。どうやってスター・デストロイヤー内に行くか、そしてどう戻ってくるかの2つのポイントは、これまでディズニーテーマパークにはなかった、すさまじい技術が使われています。おそらく誰もが、初体験時に口をあんぐりあけてしまうはず!

ジョシュ・ギャッドやミーガン・フォックスがアトラクションを体験している様子

 ただし、一つだけ注意を。このアトラクションは本稿執筆時点では公式アプリを通じた整理券「Boarding Group」に登録していなければ体験できません(待ち行列もファストパス配布もありません)。そのためまず公式アプリをインストールし、開園時間ぴったりにアプリから登録する必要があります。開園後数分でBoarding Groupの登録が終了してしまうことがほとんどですのでご注意を!

 その他、先にレポートした新パレード「マジック・ハプンズ」もお忘れなく。そして間もなく、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに待望の新エリア「アベンジャーズ・キャンパス」が登場します。スパイダーマンが空を飛び、アントマンのピム粒子を使った巨大なメニューを楽しめる、スーパーヒーローが集う場所です。こちらも楽しみですね。

始まったばかりのパレード「マジック・ハプンズ」は、休園にあわせてほぼ全編が公開されています
アベンジャーズ・キャンパス 「アベンジャーズ・キャンパス」のイメージ。スパイダーマンが本当に空を飛びます

 カリフォルニア側のディズニーランド・リゾートは残念ながら、COVID-19の影響で本記事の公開時点では臨時休園が続いており、いまだ再開のめどがたっていません。新要素がたくさんあるので、早く状況が落ち着いて、安心して渡航できるようになることを祈ってます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー