ニュース
» 2020年06月08日 19時00分 公開

東京都が「夜の街」にきめ細かな対応ができない理由

このままでは業界がアングラ化してしまう。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月8日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。夜の街で新型コロナウイルスの感染が相次いでいる問題について話し合った、西村・小池会談について解説した。

フォト 新宿・歌舞伎町の歓楽街へ向かう人達=2020年6月4日夜、新宿区 写真提供:産経新聞社

西村・小池会談〜夜の街で定期検査

接待を伴う飲食店などの夜の街で新型コロナウイルスの感染が相次いでいる問題で、東京都の小池百合子知事と西村康稔経済再生担当大臣が会談し、夜の街で働く従業員が定期的にPCR検査を受診できるよう、国と都で連携して進めることで一致した。

飯田)「接待を伴う」と書くと、企業接待のようなものがダメなのかと思ってしまいますが、そうではなく、隣にお姉さんが座るようなお店などを指します。

フォト 【小池百合子東京都知事定例会見】定例会見に臨む小池百合子東京都知事=2020年5月22日午後、東京都新宿区 写真提供:産経新聞社

24時間対応など、きめ細かい体制をつくるべき

須田)接待を伴う飲食店がスケープゴート化していますが、そのようなお店の経営者や従業員の方にとってみれば、生活して行かなくてはならない、やむにやまれぬというところも多分にあると思います。営業を認めるのか、認めないのか。認めないという選択肢がないのならば、どうやって安全性を確保するのか。ようやくそこに向かって、政治側が政策的に動き始めたのかなと思いますが、定期的にPCR検査を実施して窓口をつくると言っても、来てくれるのかどうか。やるにしてもきめ細かく、例えば24時間体制の窓口をつくるというようなことも考える必要があると思います。

飯田)「昼間は寝ている」という人も多いですよね。

須田)しかも、どの病院でやるのかというところもあります。体制整備が必要なのではないかと思います。

フォト 初の「東京アラート」が発令され、赤くライトアップされた東京湾に架かるレインボーブリッジ。後方中央は東京タワー=2020年6月2日深夜 写真提供:共同通信社

このままでは業界がアングラ化してしまう

飯田)予算なりを投じることができれば、ある程度の整備はされると思うのですが、このまま行くと、そういう業界全体が沈んでしまいかねない。これは大問題ですよね。

須田)アングラ化して行くというか、水面下に潜って行く。先週、歌舞伎町を取材しましたが、ネオンサインが消えたままです。店に入るのに予約が必要なところもあれば、会員制を謳っていて、ピンポンと押さないと開けてくれないところも出ています。いまの状況をオープンに議論して対応しないと、このままではアングラ化して行くのではないでしょうか。

フォト 【新型コロナ 渋谷雑感】渋谷センター街をマスク姿で歩く人たち=2020年6月3日午後、東京都渋谷区 写真提供:産経新聞社

東京都の対応は「風営法」のくくり〜法の立て付け自体が古く、きめ細かな対応ができない

飯田)「夜の街」と十把一絡げにしているようにも思うのですが、カウンターのみのバーは、カウンターのみのラーメン屋さんと変わらないではないですか。ラーメン屋は普通についたてを付けて営業していることを考えると、そういう対策など、いくらでも打ちようがあると思うのですが。

須田)東京都の対応は、くくりとしては風営法のくくりにしているのです。例えばナイトクラブというと、若い人たち向けのクラブとはまったく違うし、銀座にあるような夜の社交場のクラブとも違う。かつての基準からすると、生バンドが入っていて、ダンスフロアがあるような大きな施設のことをナイトクラブと称したのです。それを適応させようとしているので馴染まない。法の立て付け自体が古くなってしまっている。もともとの法の立て付けが古臭くなっているものですから、きめ細かな対応はできないのではないかな。そのあたりから考えて行かなくてはいけないと思います。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/27/news058.jpg みちょぱ、恋人・大倉士門とのラブラブムービーに大反響 “公開イチャイチャ”に「本当お似合い」「夫婦にしか見えない」
  3. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. /nl/articles/2111/27/news054.jpg MALIA.、山本“KID”徳郁さんとの16歳次男と親子初共演 「パパに似てる」「美男美女」と“美形ファミリー”に反響
  5. /nl/articles/2111/27/news051.jpg 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  6. /nl/articles/2111/27/news041.jpg さだまさし、友人・平原まことさんの逝去に悲痛の思い 「綾ちゃん、がんばれ!」と娘・平原綾香にエールも
  7. /nl/articles/2111/27/news064.jpg お父さんめっちゃパンクだな! SUMIRE、父・浅野忠信の誕生日祝いに幼少期の貴重な2ショットを公開
  8. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  9. /nl/articles/2111/27/news028.jpg 飼い主に遊んでほしい猫ちゃん、胸キュン必至なおねだりを見せ…… 甘えん坊な元保護猫が最高にかわいい
  10. /nl/articles/2105/19/news041.jpg 【お仕事楽しい】「3日間育休をとる」という男性社員に「理解できない」と上司 予想外の真意に感動の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」