ニュース
» 2020年06月11日 08時00分 公開

持ち味を生かしやがったッ! ランボー、“バキ化”で地上最強の戦闘マシンとなる

最新作「ランボー ラスト・ブラッド」は6月26日に公開されます。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 人気格闘漫画『グラップラー刃牙』シリーズの板垣恵介さんが、映画「ランボー」シリーズの主人公ジョン・ランボーをバキ風タッチで描き下ろしました。併せて、6月26日に公開される「ランボー ラスト・ブラッド」へのコメントも寄せています。このランボーは素手で戦い続けそう。

ランボー グラップラー刃牙 シルヴェスター・スタローン 板垣恵介 バキ風に描かれたランボー

 シルヴェスター・スタローン主演の「ランボー ラスト・ブラッド」は、前作から11年ぶりとなるシリーズ最新作。祖国(米国)に戻り、古い友人とともに過ごすランボーは、友人の孫娘を誘拐したメキシコの麻薬カルテルとの戦いに身を投じていきます(関連記事)。

ランボー グラップラー刃牙 シルベスター・スタローン 板垣恵介 「ランボー ラスト・ブラッド」のポスタービジュアル

 板垣先生のイラストは、眉間に多数の皺を寄せて真正面をにらんでいるランボーの顔を描いたもの。バキ風のタッチで描かれたことにより、“伝説の戦闘マシン”の異名を持つランボーが今にも暴れ出しそうな独特の気迫に満ちています。最後の、闘争(たたかい)開始(はじ)めいッッ!

 また、同作を一足早く鑑賞した板垣先生は、「憤怒と復讐、この2つさえあれば“ランボー”は幾度だって続けられる。だってまだ死んでないもの、今回も!」と、力強いコメントを寄せています。

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC. (C)板垣恵介(秋田書店)1992



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10