ニュース
» 2020年06月12日 14時00分 公開

横から見ると生き物みたい! スペインのEVスクーター「URBET EGO」がカワイイ (1/2)

最高速度は90キロとスペックもなかなか。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 スペインのバイクメーカーが開発した、可愛らしいEVスクーター「URBET EGO」が海外で注目を集めています。

photo EVスクーター「URBET EGO」(画像はURBET EGOのwebページから)

 開発を行ったのはスペインにある「SMART ELECTRIC TRANSPORT SL」。「URBET」は、同社の街中を走る電動バイクを中心に展開しているブランドです。

 今回登場した「URBET EGO」は、丸っこいボディーの両脇に2つのタイヤが“ちょこん”といった感じで配置してあります。側面から見ると、生き物の顔のようにも見えて、なかなか可愛らしいバイクになっています。

photo スクーターらしく気軽に乗れそうです(画像はURBET EGOのwebページから)

 本体サイズは長さが181センチ、幅が67センチ、高さが98.5センチ。パワーユニットにはリチウムバッテリーと電動モーターを装備し、最高速度は時速90キロ、航続距離も最大120キロあり、街乗りするには十分なスペックを持ちます。

photo 外観は可愛くてもスペックは十分

 URBET EGOの価格は2479ユーロ(約30万円)。ガソリンエンジンの音を再現したサウンドギミックを付けられるオプションも用意しています。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.