ニュース
» 2020年06月12日 14時33分 公開

串カツ田中がソースを“かける”方式に 感染症予防の観点から「一度漬け」も見直し

ソースディスペンサーで提供されます。

[ねとらぼ]

 串カツ田中は6月12日、感染症予防の観点からソースの提供方法を変更すると発表しました。ソースに“漬ける”伝統的な方法を廃止し、ディスペンサーで“かける”スタイルで提供します。



 衛生面を考慮したマナーとしては、一度口につけた串カツはソースに浸さない「二度漬け禁止」が推奨されてきましたが、さらなる感染症対策の観点から提供方法を全面的に見直し。安心感を持って串カツを楽しんでもらえるよう、ソースを“かける”方式への変更が決定しました。

 なお、従来通りの食べ方を希望する利用客には、個別にソースを浸すための容器が提供されます。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.