ニュース
» 2020年06月12日 16時52分 公開

「としまえん」8月末で閉園 併設する庭の湯は存続

防災公園などに整備される。

[ねとらぼ]

 「としまえん」が8月31日をもって閉園することが分かった。エリア内に併設されている「豊島園庭の湯」は残る。

としまえん閉園 としまえんエントランス

 としまえんは1926年の開園。中心とした一帯のエリアについては、1957年に都市計画公園「練馬城址公園」の指定を受け、2011年には避難場所や防災拠点となる公園・緑地の整備促進の観点から、東京都より2020年度までの10年間で優先的に整備する「優先整備区域」に指定されており、公園整備に関する協議を進めていた。

 2月には跡地に都の公園のほかに、「ハリー・ポッター」の施設を建設することが検討されていると報じられていた(関連記事)。なお、としまえん園内にあるトイザらスとしまえん店も8月31日をもって閉店する。

としまえん閉園 現存する遊戯機械としては日本最古となるメリーゴーランドはどうなってしまうのか?

 としまえんは現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防の観点から臨時休園しているが、6月13日よりあじさい園のみ営業を開始。6月15日からは感染症予防策を講じた上で、プールを除く全体の営業を再開する予定だ。

としまえん閉園 2011年の都の「都市計画公園・緑地の整備方針」では、「練馬城址公園」として整備する優先整備区域に指定(「都市計画公園・緑地の整備方針(改訂)」から)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.