ニュース
» 2020年06月13日 08時30分 公開

【8年前の今頃は?】「人生最後のレバ刺し」食べる儀式が多発 牛の生レバー提供禁止で

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 8年前の2012年6月、牛の生レバー提供禁止が正式に決定し、実際に施行される7月に向けて「人生最後のレバ刺し」を食べる様子がSNSに多数投稿されました。


当時のTogetterより



 腸管出血性大腸菌による重い食中毒の危険性を考慮し、提供が禁止された牛の生レバー。人生最後になるかもしれない「レバ刺し」との別れを惜しむツイートが、おいしそうな写真と共に投稿されました。

 2015年には豚の生レバーも提供禁止に。なお厚生労働省は「今後、研究などが進み、安全に食べられる方法が見つかれば、この規制の見直しを検討していく」とも述べています。ごま油と塩でぷりぷりのレバーを食べられる日が再びやってくるかもしれません。


当時のTogetterより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.