レビュー
» 2020年06月14日 12時00分 公開

雄大、壮観、迫力の地層 ただただかっこいい地層をまとめた同人誌を読んで自然の魅力に圧倒される司書みさきの同人誌レビューノート

今回紹介する2冊には、合計12カ所の地層を掲載。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 あんなに強かった日差しが、いまやすっかり灰色の雲の向こうです。ぽつぽつと降り始めた水滴がやがてにぎやかな本降りになるのを窓から見上げ、「雨降って地固まる」のことわざを思い出しました。降る雨を浸み込ませて受け止める土の中……今回は地層の同人誌をレビューします。

今回紹介する同人誌

『地層 時の断層』A5 32ページ 表紙・本文カラー

『地層 おかわり』A5 24ページ 表紙・本文カラー

著者:週子


同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 青空にくっきりと見える地層、大きい!


雄大、壮観、迫力の地層のかっこよさ

 もう、とにかくかっこいいです。いつもの暮らしの中で地層を意識したことはなかったのですが、次々に繰り出されるその姿にくぎ付けです。カラーでばーんと掲載された地層のなんと迫力のあることでしょう。それは磯で波に洗われるような足元部分にもあれば、見上げる大壁にもあって、一口に地層と言っても、そのバリエーションにおどろきます。岩や土のしましまがこんなにかっこいいものだなんて!

 作者さんは地層の専門家ではなく、「ただ地層を見るのが好きなだけの素人で」と自己紹介されていますが、雄大な遠景や、しましまだけとは限らない模様の面白さなど、さまざまに取り上げる目配があり、こんなところもあんなところもいいよね! とわくわくしていらっしゃるのが伝わってきます。

 こんなにも地層にひかれるきっかけは伊豆大島の地層断面だったそうで、あまりの巨大さに興奮して「わー!!」と叫んで走り出してしまったとか。その感じ、ご本を読んでいるだけでも分かるような気がします。人としてというより生き物として体が突き動かされそうな雄大さが、A5のご本から十二分に感じられるんです。

同人誌 図書館 司書 ひぇっ……こんな迫力が足元に隠れていたなんて

写真と言葉で積み重ねる地層の魅力

 ご本は写真とコメントで構成されています。まずは目を引かれる、異なる土壌がはっきり分かる見事な写真は、ご家族が撮影されたものも多いのだそうです。そして作者さんの的確なコメントが見どころポイントを教えてくれるのですが、「この逆断層の迫力は、凄まじいものがある」といったご自身の感じ方も交えた書きっぷりが少し硬質な雰囲気でかっこよさに拍車を掛けているんです。

 ときに「説明など要らない。ただゆっくり見てほしい」と写真に任せ、ときに地層への思いを込めて書きつづり……と、写真と文章それぞれの持ち味を積み重ねて地層のご本が作られていることそのものも、またすてきなことですね。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 固そうな岸壁ばかりでなく、やわらかな土の重なりも


地層との出会いは悠久にして、一期一会

 ご本には北海道から沖縄まで、2冊合わせて12カ所のスポットが紹介されています。その中には一度ならず二度も訪れた場所も。

 神奈川県三浦半島では、「あたかも芸術品のように垂直に切り出された露頭に目を奪われた」と強い印象が刻み込まれたものの、最初はガラケーでしか撮影しなかったことを後悔し、8年ぶりに同じ場所に向かわれたそうです。あたりは平らにならされて駐車場に変わっていましたが、インパクトのあるあの地層は健在! 少し色がくすんだり、植物が生えたりといった変化をまのあたりにして、再会を果たしたことを奇跡のよう、と喜びながら作者さんは「こうして長い時間をかけて再び土に還っていくのも、また地上にあるものの宿命なのかもしれない」と書かれています。

 一方で、偶然に見掛けた地層をすかさずチェックされたのは千葉県富里市でした。ほかの観光地に向かう最中にたまたま出会い「まるで今切り出したかのようなフレッシュな断面が美しい」と機を逃さず鑑賞されています。

 気の遠くなるような長い長いときをかけて形成されたその痕跡をたどりながら、それと同時に変わっていく部分やほんのひとときに見せた面をも愛でる壮大な楽しみ方がご本の中に織り込まれ、地層の世界へと連れて行かれました。

 雨降って地固まるということわざに近しいものに、雨の後は上天気、というのもあるそうですね。地層の重なりから思えば、2020年の雨が明けるまでなんて一瞬かもしれませんね。いつかお出かけしたとき、悠久の地層はどんな顔を見せてくれるかしらと、雨上がりを待つ時間までもが楽しくなってきました。

同人誌 図書館 司書 ガラケーの小さな写真もいとおしさを感じます

サークル情報

サークル名:Double Fake

Twitter:@sd_yabusaka_f

現在入手できる場所:BOOTH



今週の余談

 ひんやりと降る雨の音をのんびり聞いていると、強い雨、弱い雨……音の波がありますよね。雨音に包まれながら本のページを捲ると、つい没頭してしまいますね。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる