ニュース
» 2020年06月15日 11時50分 公開

サンリオピューロランドが「オンライングリーティング」を初開催! かわいすぎるシナモンとオンラインで会ってみました (1/2)

キャラクターとファンのふれあい、今後はどうなる?

[水田眞子,ねとらぼ]

 サンリオピューロランドは、同園初となるキャラクターとの「オンライングリーティング」を実施しました。オンラインサイン会など「オンライン」でファンと触れ合うイベントが増えている中で、キャラクターとテーマパークはどのように進化していくのでしょうか? 実際に体験してみました。

サンリオ オンライングリーティング

 今回実施されたオンライングリーティングの参加価格は、2分間で4000円(税込)。2分という時間設定は、通常のグリーティングの時間をもとに設定しているとのこと。予定していた枠に対して抽選の倍率は約7倍と、企画は大人気だったそうです。

 オンライングリーティングで使用されるのは、Seediveが2019年にリリースしたライブトークアプリ「トークポート」。

 アプリをダウンロードしてログインすると、グリーティングの開催時間が記された画面が表示されます。開催時間まではアプリ上で待機し、時間になるとカメラと音声がつながるので、そこからグリーティングを楽しむという形です。

動画が取得できませんでした

 グリーティングが始まると、画面上にはキャラクターと自分のビデオ画面が表示されます。グリーティングをしている時の自らをリアルタイムに確認するのはなかなか新鮮な体験です。自分、楽しそうだな……!

 なお、アプリ上で自分がカメラにどう映っているのかは開催前に確認できないので、推しの前でいつもかわいくいたい! 映りが気になる! という人などにとっては、少し緊張感があるかもしれません。

かわいいシナモンとのグリーティング

 今回筆者がグリーティングをしたのは、人気キャラクターの犬の男の子・シナモン。水色のかわいい衣装で登場してくれました。画質は高画質!というわけではありませんが、背景に記された文字まではっきりと視認でき、満足のいくものでした。

 サンリオピューロランドのオンライングリーティングでは、現地でのグリーティングと同じようにスタッフさんが声でキャラクターの気持ちを教えてくれるのでスムーズに会話ができます。

 グリーティング中にはスクリーンショットを撮れるのですが、普段ライブ配信などでスクショを撮り慣れていない筆者はボタンを押し間違えて通話を切ってしまいました。これはかなりのタイムロスになるので、事前にスクショの練習をするのが良さそうです。

サンリオ オンライングリーティング 実際のスクリーンショット。シナモンがカメラに近づいてきてくれました!

 最初はカメラから少し離れた位置にいたシナモンでしたが、スクショを撮りたいと伝えると近づいてきてくれたり、コミュニケーションもバッチリ。最初は不安でしたが、徐々にこちらからのメッセージがしっかりと伝わっているという安心感を得られます。それにしても丸くて小さくてかわいい!

 また、オンライングリーティングは、行き帰りの交通手段などグリーティング以外のことを考えずにすむため、リラックスして参加できるのが大きなメリットだと感じました。自分のお部屋が推し仕様の人はそのインテリアを推しに見せたりなど、参加者が「家ならでは」の要素を活用できるかどうかも、楽しさや新鮮さに大きく関わってきそうです。

これからの「キャラクターグリーティング」どうなる?

 今までのキャラクターグリーティングで大きな鍵になっていたのは、物理的なふれあいとコミュニケーション。テーマパーク現地でのグリーティングでは、握手をしたりハグをしたりとキャラクターとの物理的なふれあいが魅力でした。

 すでに営業を再開したテーマパークでは、ソーシャルディスタンス確保のため、建物のバルコニーなど高さがある場所にキャラクターが並んだり、地面に引いた線などでキャラクターとの距離を確保したりといった対策がとられており、今までのようなふれあいはできなくなっています。

 その点、オンライングリーティングは、グリーティングのもう1つの魅力であるコミュニケーションに特化していると言えます。通常のグリーティンでは、基本的に他の人が見ている前でキャラクターとやりとりをしますが、オンラインではキャラクターと1対1の空間。その分、キャラクターと濃いコミュニケーションをとることができます。

 周りの目を気にせずにすむ個別のグリーティングには一定の需要があるようで、2019年にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンに1組ずつ写真撮影が楽しめる施設「フォーティセカンド・ストリート・スタジオ 〜 グリーティング・ギャラリー 〜」がオープン。通信を使ったオンライングリーティングは、こうした需要に応える新たな手段にもなるのではないでしょうか。

ピューロランドらしさと、キャラクターの新しいありかた

 休館中もSNSやYoutubeを通してファンにキャラクターたちの様子などを伝えてくれたサンリオピューロランド。今回のオンライングリーティングの取り組みも、ファン思いのピューロランドらしい企画だと言えます。

動画が取得できませんでした
休園中の動画も大きな話題となりました

 今回のオンライングリーティングに参加した人からは、「最高だった!」「久しぶりにプリンに会えて感激!元気いっぱいで安心した!」といった喜びの声が。また、オンライングリーティングという初めての形式については「想像以上に満足感があって驚きました」といった声もあがっていました。

 サンリオピューロランドは7月20日からの運営再開を発表しましたが、未だ再開の目処が立たないテーマパークもある中で、こうした新しい取り組みは「チャレンジ」としてやるものではなく、すでに「必要」になってきていると感じます。特に、今回のオンライングリーティングのような機会は、常にそこにいるけれど、それだけでは動くことのできないキャラクターたちとそのファンにとって、非常に大切なものだと言えます。

 このような、ファンの「気持ち」にできるだけ寄り添ったキャラクターのあり方は、強固なファン層を支えるだけでなく、そのテーマパーク像をもより良いものにしていくのではないでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン