ニュース
» 2020年06月15日 19時55分 公開

ボリウッド俳優スシャント・シン・ラージプートが死去 モディ首相も弔意

34歳、自殺とも報じられています。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 ムンバイ警察は6月15日、ボリウッド俳優のスシャント・シン・ラージプートが死去したことを発表。ナレンドラ・モディ印首相もテレビ、映画で活躍した才能豊かな若き俳優の死に弔意を示しました。

スシャント・シン・ラージプート ボリウッド インド 俳優 自殺 PK スシャント・シン・ラージプート(画像はスシャント・シン・ラージプート公式Instagramから)

 ムンバイ警察は局長のTwitterを通じ「スシャント・シン・ラージプートが不幸にも逝去したことを、とても悲しく思います」と公式に発表。「類いまれな才能を持つ若きスターが、あまりにも早く逝ってしまいました。ご冥福をお祈りします」と哀悼の意を示しました。警察は彼の死が自殺であるとの見解を示しており、詳細は捜査中とBBCが報じています。


 スシャントは映画「PK ピーケイ」などの映画に出演。主演作「きっと、またあえる」の日本公開が8月21日に控えています。また、ティーン小説を原作とした映画作品「きっと、星のせいじゃない。」のボリウッド版「Dil Bechara」が遺作となりました。34歳の早すぎる死について、モディ首相も自身のTwitterで「エンターテインメント業界における彼の活躍は多くの人々に影響を与え、その演技で印象を残しました」と弔意を示しました。


 遺族はメディアを通じ「もうスシャント・シン・ラージプートが私たち家族と一緒にいないことを思うと、胸が痛みます」とのコメントを発表。ファンに対して「どうか彼のことを覚えていてください」と求めるとともに、「そっとしておいてほしい」と述べています。


関連キーワード

インド | 俳優 | 映画 | 自殺


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」