ニュース
» 2020年06月16日 11時12分 公開

アカデミー賞、次回開催を2021年4月に延期 人種、性別平等実現へ向けた取り組み続行中

2月28日に開催を予定していました。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 第93回アカデミー賞授賞式が、2021年2月から2021年4月25日へ延期。主催する映画芸術科学アカデミーが6月15日に公式サイトで発表しました。

アカデミー賞 オスカー 延期 コロナ パラサイト アカデミー賞(画像は映画芸術科学アカデミー公式サイトから)

 映画芸術科学アカデミーは、授賞式を中継する放送局ABCとの連名で「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の世界的な感染拡大」を理由に延期を決定したことを発表。対象作品の発表期間の締め切りを2020年12月31日から2021年2月28日に延長し、ノミネート発表も例年より遅めの3月15日へ延期。併せてアカデミー映画博物館のオープンも12月から4月30日へ変更したことを明らかにしています。


 デヴィッド・ルービン会長とドーン・ハドソンCEOは「1世紀以上にわたって映画は、私たちがつらいときに癒やし、インスパイアし、楽しませる重要な存在であり続けました」との声明を発表。「今年だってそれは同じこと」だとして、期間を拡大し授賞式の日程を延期することで、フィルムメイカーが柔軟に対応できるようにしたいと述べています。

 近年、アカデミー賞は主要部門にノミネートされるのが「白人男性ばかり」と人種、性別的な不平等が指摘されていましたが、6月12日に協会は第93回、94回へ向けた改善策をアナウンス。試写の機会を広げて作品賞の候補10作品を「最大」ではなく、確実にピックアップすることや、職員・関係者への教育の徹底、議論の場を設けることを明らかにしていました。

アカデミー賞 オスカー 延期 コロナ パラサイト 第92回は「パラサイト」の躍進が話題に(画像は映画芸術科学アカデミー公式サイトから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.