ニュース
» 2020年06月16日 15時44分 公開

土屋太鳳、大学8年生となったことを報告「卒業がラストチャンス」 ファンからエール相次ぐ

外出自粛中は「女優ってなんだろうって最近凄く考えることがあったんです」と土屋さん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 女優の土屋太鳳さんが6月16日にInstagramを更新し、通っている大学について、現在は「8年生で卒業がラストチャンス」と仕事との両立を奮闘している近況を報告。また、外出自粛の中で自問自答した俳優業への思いについても語りました。

土屋太鳳 女優 大学 学業と仕事に励む土屋さん(画像は土屋太鳳Instagramから)

 仕事が再開する中でも、大学のオンライン授業を受けている土屋さん。最近は課題レポートに励んでいるようで「期限があって複数なので完全にスピードが…」「しかも打つまでに頭で考えるのも遅い」と苦労をこぼしつつも、「クヨクヨしたりピリピリしたりするのですが周りの人からパワーをもらいながらがんばってます」と語っていました。

 また、外出自粛が余儀なくされる中で「女優ってなんだろうって最近凄く考えることがあったんです」と俳優業に対してあらためて向き合う時間があったという土屋さん。「正解はないし、人の心の数だけ女優像はあるから本当に自由ではあるけれど 私は生活から離れない女優でありたいなと思いました」と“生活”に寄り添った女優を理想像として描いたようです。

 土屋さんは、2014年放送のNHK連続テレビ小説「花子とアン」出演時にコンビニでアルバイトをしたことがあったそうで、「仕事を教えていただく感覚や覚える感覚、研修を終えてお客様と接した時のハラハラ感、うっかり失敗した時の焦りは一期一会な要素も強くて、すごく厳しかった」と苦労した当時を回顧。一方で、「現場で見守っていただきながら仕事を覚えていく感覚はすごく嬉しかったし、その実感は女優の厳しさや嬉しさと同じです」と、コンビニで働いた経験も俳優業に通ずるものがあったと語りました。

土屋太鳳 土屋炎伽 土屋神葉 土屋3姉弟(画像は土屋炎伽Instagramから)

 さらに外出自粛期間中には、弟で俳優の土屋神葉さんと姉で「2019ミス・ジャパン」グランプリに輝いた土屋炎伽さんに対して、「同じ仕事をしているはずの弟や会社員経験のある姉の取り組みを見ていて、生活って自分でつかみとっていくものなんだなぁとすごく思いました」とあらためて姉弟にも尊敬の念を抱いたよう。それを踏まえて、「私は役をつかみとることだけに全力だったから、これから新しい感覚も少しずつ加えていけたらいいなぁ」と、仕事への決意も新たにしていました。

 土屋さんの投稿に、ファンからは「仕事しながら大学に行って卒業するのは大変だと思いますが、頑張ってください」「諦めずに頑張っているのがすごい」「何事も真摯(しんし)に向き合い、努力なさっている姿、本当に本当に尊敬」「何とか大学卒業できますように」「お身体大事にしてくださいね!」などの応援メッセージが寄せられています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10