ニュース
» 2020年06月17日 14時22分 公開

マーベルコミックスのウルトラマン『THE RISE OF ULTRAMAN』 アレックス・ロスによるカバーアートが公開

怪獣退治の専門家シン・ハヤタと謎の戦士の巡り合い、9月リリース予定。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 円谷プロと米マーベルのコラボレーションによるマーベルコミックス『THE RISE OF ULTRAMAN』#1のカバーアートが公開されました。アメリカンコミックスを多数手掛けるアレックス・ロスさんによる銀色の巨人の雄姿、圧巻です。

 THE RISE OF ULTRAMAN マーベル 円谷プロ ウルトラマン 公表された『THE RISE OF ULTRAMAN』のカバー。ウルトラマンの足元には60年代の日本車の姿も(マーベル公式サイトから)

 本作は、円谷プロとマーベル共同企画です。脚本は、「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」「ウインター・ソルジャー」などで知られるカイル・ヒギンズさんと「セルフ/メイド」のマット・グルームさん。作画は、「アベンジャーズ」や「ファンタスティック・フォー」などを手掛けたフランチェスコ・マンナさんが担当。コミックスのリリースは9月の予定としています。

 ストーリーは、怪獣禍の脅威から人類を守る科特連盟(United Science Patrol)の一員で怪獣退治の専門家の道を歩んできたシン・ハヤタとキキ・フジが、星のかなたからやってきた謎の戦士と巡り合うという内容。今回公表されたカバーイラストには街中に降り立ったウルトラマンの他、1960年代製とみられる日本車が描かれており、作家の思い入れの強さが感じられます。

THE RISE OF ULTRAMAN マーベル ウルトラマン フランチェスコ・マンナ 先に公表されていたフランチェスコ・マンナによるカバーイラスト (C)2020 MARVEL (C)TSUBURAYA PRODUCTIONS CO., LTD.

 マーベルのトム・ブレヴォート編集長はコメントの中で、「ウルトラマンは、世界中でスパイダーマンやアイアンマンと同じ知名度を持つキャラクターです。そんな彼の神話をマーベルのレンズを通して新しい世代に伝える責任を、私たちは軽く考えるべきではない」と、作品の大きさを表現しています。

 一方、円谷プロの塚越隆行CEOは「マーベルでの『ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン』シリーズの発売を機にウルトラマンを世界的ステージに向け大きく前進させていきます」と意気込みを語っています。


ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.