ニュース
» 2020年06月18日 18時00分 公開

アフターコロナでは、東京一極集中の歴史が終わる〜森永卓郎が提言

上半期のヒット番付はほとんどが自粛がらみ。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

「垣花正 あなたとハッピー!」(6月17日放送)に経済アナリストの森永卓郎が出演。2020年上半期のヒット商品番付について、また、テレワークが進むなど、新型コロナウイルスの影響によって様変わりする住宅環境について解説した。

フォト 緊急事態宣言発令中の休日の銀座四丁目交差点(4月19日撮影、写真内の和光は休業中)(日本における2019年コロナウイルス感染症の流行状況-Wikipediaより)

2020年上半期ヒット商品番付〜番付32中30が自粛がらみ

上半期のヒット商品番付というものがいつも通り出ていますが、今年は新型コロナの影響で、いつもの上半期とはまったく異なっています。ヒット商品番付が東西16ずつ32あるのですが、32中30が自粛がらみです。

フォト ニッポン放送 NEWS ONLINE

東の横綱「オンライン生活ツール」

訪日外国人観光客99.9%減、外食は67.0%減です。そんななかでの、東の横綱は「オンライン生活ツール」。テレワークやオンライン飲み会などから、ズームやパソコン用のカメラ、液晶ディスプレイなどのオンライン生活ツールが売れました。

フォト ニッポン放送 NEWS ONLINE

顔が美しく映るオンライン用の照明

私がテレビにオンライン出演するとき、顔がきちんと映りませんでした。そこで1120円のLEDライトを買ったのですが、やはり暗いのです。先日ネット番組で、SKEの谷真理佳ちゃんと一緒に出たのですが、彼女はアイドルということもあり、きれいに映っていました。何でもオンライン用の美しく映る照明があって、3万円もしたそうです。静岡放送のテレビに出たときには、私と別所哲也さんが一緒に画面に並んでいたのですが、別所さんはいいカメラを使っていて男前でした。私は見た目がこれなのに安いカメラだったので、100倍くらい見た目が違いました。

フォト 檸檬堂-Wikipediaより

こだわりレモンサワー「檸檬堂」も関連して売り上げ増〜東/前頭1

飲み会もオンラインです。オンラインでなくても1人で家で飲む。1人で飲むと終わりがなく、倍ぐらい飲んでしまいますので、缶ビールと缶チューハイが売れました。なかでも、こだわりレモンサワー「檸檬堂」が番付に入っています。これはアルコール度数を3段階に分けて、その人にあったものを選ぶことができます。「居酒屋の味を再現」ということで、好評のため一時は出荷停止にもなりました。

フォト 緊急事態宣言下の渋谷の様子=2020年5月17日午後、東京都渋谷区 写真提供:産経新聞社

テレワークによって変わる住宅の地域別構造〜都心に住む必要がなくなる

今回のテレワーク、オンラインでいろいろなことができるとわかったので、これから土地の値段、住宅の地域別構造がガラッと変わると思っています。緊急事態宣言が解除されても、テレワークを使う会社が出て来ています。テレワークで仕事ができるようになると、都心の駅近に住む必要がありません。去年(2019年)、東京の不動産に詳しい人に聞いたら、「いまは東京23区内かつ、駅から10分以内でないと売れません」と言っていました。郊外の家は大暴落しています。すでに昨年でも、東京圏でキャッシュで家が買えてしまうということが起こっていました。逆に言うと、郊外の家は広くて安いです。庭で野菜もつくれます。持ち家と言っても、都内のタワーマンションは管理費が高く、ペントハウスになると管理費だけで月10万近くなるのです。新型コロナの感染が拡がるなか、有楽町にある「ふるさと回帰支援センター」では、若い人を中心とした相談件数が爆発的に増えているということです。

フォト ニッポン放送 NEWS ONLINE

田舎暮らしの問題点〜東京一極集中の終わり

一方で田舎暮らしは、3密とは無縁でいいのですが、人間関係が濃密です。田舎では畑をやっていても、畑を借りるお金もタダです。先日、苗3種類と収穫した農産物を近所のおじさんからタダでいただきました。タダというのはお返しをしなければなりません。東京都心部ならば、あと腐れなく、金で済む社会なので自由に生きられます。コミュニティが濃いところというのは、平気で人の家のなかに近所の人が入って来ます。それにどこまで耐えられるかということです。今後、人間関係の濃密さと物理的な濃密さが反比例するなかで、いろいろな都市が出て来て、その人の許容限度によって分散して行くことになるでしょう。東京一極集中、一辺倒だった四半世紀の歴史が終わる日も近いということです。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」