ニュース
» 2020年06月18日 17時53分 公開

幻だった「サマソニ2020」、オンラインで配信決定! 「伝説のサマソニステージ絶対見なきゃ!」と沸く声

沸いた〜〜〜!

[のとほのか,ねとらぼ]

 音楽フェスティバル「SUMMER SONIC」が、オンラインフェスティバルとして開催されることが分かりました。過去、同フェスに出演したアーティストのライブ映像が、6月19日〜21日、27日〜28日にかけてオフィシャルYouTubeチャンネルで配信されます。

サマソニ オンラインフェス あの伝説のサマソニがまた見られるのか……!?(画像は「SUMMER SONIC 2020」公式サイトから)

 20周年のアニバーサリーイヤーだった2019年の開催を終えていたサマソニ。2020年は東京オリンピック・パラリンピックに伴い、開催しないことが発表されていましたが、「コンサート開催自粛が続く中、サマソニを応援してくださっている皆さまへのお返し」として、オンラインでの開催を発表しており、過去のライブ映像を各アーティスト24時間限定で配信するとしています。

 ライブ配信されるアーティストは、The 1975、アークティック・モンキーズ、BTS、リンキン・パーク、メタリカ、Mr.Children、レディオヘッド、アンダーワールドの8組。1日1〜2組ずつ公開されます。この決定にネットでは、「伝説のサマソニステージ絶対見なきゃ!」「あの伝説のサマソニ?!?!?!」など、過去の思い出に浸りつつ、胸を躍らせる声が多数寄せられています。

 また6月18日は、中止となったサマソニの替わりとして開催が決定していた限定秋フェス「SUPERSONIC(スーパーソニック)」やこれからのコンサート再開に向けたクラウドファンディングがスタート。リターンとして、「サマソニ2020」の限定グッズや今後のクリエイティブマン洋楽公演に来場可能なチケットクーポン等が用意されるとのことです。

 なお、17日には公式YouTubeチャンネルに「【SUMMER SONIC 2020 ARCHIVE FESTIVAL】イントロダクション」が公開。動画では、サマソニを主催するクリエイティブマン代表の清水直樹さんが出演し、大規模イベントや音楽フェスが相次いで中止となっていることについて、オーガナイザーとしても音楽好きとしても両方の面で「ダメージを受けている」とコメント。一方で、「今年のSUPERSONICは、世界で初めてやるビッグフェスになるはず」「日本からこれが始まったということを世界に示したいし、世界中の人が勇気付けられると思う。その始まりとして絶対にやらなきゃいけないな」と覚悟を語っており、世界に向けての配信を検討していることも明かしました。

サマソニ オンラインフェス リターンとして用意されるサマソニ2020限定グッズ(画像はYouTubeから)

【SUMMER SONIC 2020 ARCHIVE FESTIVAL】イントロダクション

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響