ニュース
» 2020年06月18日 20時15分 公開

「ちょろいもんやで」の悪代官っぷりよ ミキ亜生、荒ぶる保護猫たちに“手”を出す姿が癒やししかない (1/2)

これは猫ガサガサ!

[川上酒乃,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「ミキ」の亜生さんが6月18日、5月に自宅に迎えた保護猫2匹の姿をInstagramで公開。植木の鉢カバーに興味津々で言うことを聞かない猫ちゃんたちを、匠(たくみ)の業で一瞬にして我に戻し、「ちょろいもんやで」とドヤる姿が15万回近い再生回数となっています。ただただ癒やされる。

ミキ 亜生 猫 千太郎 保護猫 銀次郎 藤 猫はこうなってしまってからが手ごわい……(画像は亜生Instagramから)


 先住猫の銀次郎と助六、藤に加え、5月に2匹の保護猫を自宅に迎え5匹の猫と暮らす亜生さん。新たな家族にはそれぞれ兆猛、丹猛と名付け、すくすくと成長している姿をたびたびSNSで報告しています。

 保護から約1カ月たった投稿では、部屋に置かれた植木鉢のカバーに関心を示し、荒ぶり始める兆猛と丹猛の様子を動画で紹介。最初は「これい!」と軽く叱るも、もはや聞く耳を持たない2匹に亜生さんは「やめろ! やめろ〜!」とさらに注意。それでも止まらない2匹に、ついに“手”を出してしまいました。

 猫ちゃんたちの興味を引くために、床に敷いたマットを手で“ガサガサ”とこすると、あら不思議。兆猛と丹猛は鉢カバーのことをすっかり忘れたかのように亜生さんの手にじゃれつき、平穏な時間が戻ってきました。

 動画の最後は、満足げに「ちょろいもんやで」と語っている亜生さんは、投稿のコメントで「子供なんか手ガサガサすだけで言うこと聞きく。ちょろいもんやで」(原文ママ)と補完。見事な手腕ですが、実際には「もう4時間は遊んでる」と長時間子守していることを明かしていました。猫飼いにはよくある。

ミキ 亜生 猫 千太郎 保護猫 銀次郎 藤 亜生さんと先住猫の助六、藤、銀次郎(画像は亜生Instagramから)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.