ニュース
» 2020年06月19日 15時24分 公開

フジと産経、合同世論調査で不正 架空の回答入力、過去14回にわたり

関連する記事や放送は全て取り消すとのことです。

[ねとらぼ]

 フジテレビおよび産経新聞社は6月19日、両社が合同で行っていた世論調査について、一部データの不正入力があったと発表するとともに、「視聴者・読者・関係者のみなさまの信頼を裏切ったことを、こころよりお詫び申し上げます」と謝罪しました(リンク先PDF)。



 不正入力が見つかったのは、2019年5月から2020年5月まで、計14回の実施分。本来は電話で調査を行い回答を入力する形で行うはずでしたが、実際には電話をしておらず、架空の回答を入力していたとのこと。不正は各回あたり100数十サンプル見つかっており、14回の合計で約2500サンプルにのぼったといいます。不正入力を行っていたのは、業務委託先の1つ、日本テレネットのコールセンター現場責任者でした。

 両社は不正の発覚を受け、当該の世論調査に関連する放送・記事を全て取り消すとしています。


フジテレビのコメント

「今回、委託先からの不正なデータをチェックできず、誤った情報を放送してしまった責任を痛感しております。今後、継続して調査・検証を行い、その結果に沿って、然るべき処置を行ってまいります」

産経新聞社のコメント

「報道機関の重要な役割である世論調査の報道で、読者の皆さまに誤った情報をお届けしたことを深くおわび申し上げます」


フジ、産経謝罪 不正を行っていたのは調査を委託していたコールセンターの現場責任者でした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.